tikuson

自分の答えのつくりかた

最近、家の近くのスタバで読書をすることが習慣になってきました。

週2~3回ぐらい行き、1日3冊以上本を読んでいます。

最近読んだ本で、お勧めしたいのがあります。↓

『自分の答えのつくりかた~INDEPENDENT MIND~』

ロジカルに関する本は、面白いけど、堅苦しいというイメージを持っていました。

でも、この本は物語形式に展開されていて、 問題解決の方法が凝縮されています。

自分自身の考えをしっかり持つことの大切さが実感できます。

一番心に残ったフレーズは、

己を磨き上げて、真の自身を溜めていくには、

生ぬるい金魚鉢から抜け出し、自らを崖から

大海に突き落とさないといけない 

です。・・・なんか、心に突き刺さりました。

時間があったら、読んでみて下さい。

最近、本をたくさん読むことは多くの学びがあり、感動しています。

ただ、本を読み終わって満足するだけでは不十分だと思っていて、

インプットしたことを友人に話したり、ノートに書いたり、ブログに載せたりして、

アウトプットすることが大切だと思っています。

今までは、小説本を読んだり、就職活動に関する本ばかり読んできたけど、

社会人になるまでに、ビジネス本を読んだり、経済に関する本もガンガン読みます。

何か、お勧めの本があったら教えてください。

ではでは!

前の記事:

次の記事:

2009/08/02 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

2012年に読んだ一読の価値ある本〜BEST3〜

2012年に読んだ中で絶対に読んだ方がよい!と思ったオススメの本を紹介します。 Best 3 フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜  フリーエージェントとは、「インター...

続きを見る

【本】マイクロソフトでは出会えなかった天職 〜僕はこうして社会起業家になった〜

たまたまブックオフで見つけて、Amazonのレビュー評価が非常に高かったので読んでみましたが、鳥肌が立つくらい感動した一冊でしたので紹介します。 著者のジョン・ウッドはマイクロソフトに勤務していたが、...

続きを見る

【漫画】必見!社会人版のドラゴン桜『エンゼルバンク』

『ドラゴン桜』という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。 元暴走族の弁護士が落ちこぼれ高校の生徒の受験を指導し、東大に合格させるストーリーです。 漫画だけでなく、テレビドラマ化して人気を呼ぶ作品...

続きを見る

【本】リブセンス -生きる意味- 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事 史上最年少で上場記録を塗り替えたリブセンス社長の村上太一さんの起業ストーリーが描かれた一冊です。 史上最年少...

続きを見る

【本】『自分の中に毒を持て』ーあなたは”常識人間”を捨てられるかー

イケダハヤトさんのブログで、”ウェブサービスで起業したい!と考えている人が読むべき15冊の本”という記事の中で紹介されており、興味を持ったので読みました。 『芸術は爆発だ』という言葉を聞いたことがある...

続きを見る

オススメ記事

Facebook婚活アプリ『omiai』

PCから利用できるFacebookアプリの『Omiai』は、Facebook上で男女が知り合って、メールのやり取りをしながら、気軽に会うことができるサービスである。 女性は無料で利用することができ、男...

続きを見る

社会海論

            【社会海論】 社会は海に似ていると思っていて、絶えず変化して、流れが急に変わったり、おだやかな状態でも、一瞬にして荒...

続きを見る

【相関と因果】料理とビジネスの関係について

相関関係と因果関係について熱く語るシリーズ。 第1弾は【料理とビジネス】 そもそも、相関関係ってなんじゃいって言うと、 例)①寒ければ寒いほど、ホッカイロが売れる ②寒ければ寒いほど、マフラーが売れる...

続きを見る

【本】リブセンス -生きる意味- 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事 史上最年少で上場記録を塗り替えたリブセンス社長の村上太一さんの起業ストーリーが描かれた一冊です。 史上最年少...

続きを見る

目的を明確化しない限り続かない3つの理由

  散歩をしていて、気づいたら富士山の頂上にいたという人はいないだろう。富士山に登るという明確な目標があって、登ったときの達成感を味わいたいという目的があることで、はじめて行動にうつすことが...

続きを見る