tikuson

大学4年 インターンに挑戦日記

社会人になったら、大学や年齢は違えど、

全員同じスタートラインに立ち、新たな一歩を踏み出すと思います。

でも、同じスタートラインでも、それまでに蓄積された経験や知識の差、

能力や個性の違い等で、スタートしてからの成長度合いが

違うのではないかと思っています。

例えるなら、同じ駅を同時に発車しても、各駅停車や急行・特急・

新幹線・リニアでは差が出てくるのと同じ感じだと思います。

社会人になってから最速のスピードで、最強に成長したいと考え、

それでは、今できることは何かと考えたときに、インターンに挑戦しようと決意しました。

今日は、初回出社日でした。インターン先は、ベンチャー企業で、

優良ベンチャー企業に特化したGOOD FINDというサイトを運営していて、

セミナーを行ったり、通年採用の会社を紹介したり等、幅広く活躍し始めています。

この会社でインターンをやろうと決めた理由は、3つあります。

①就職活動をしていて、始めは大手志向だったのが、この会社に出会ったことがきっかけで、

一気にベンチャー志向に変わることができた人生のターニングポイント的な会社だから。

②何度かセミナーに参加し、社員の方に対してロジカルでかつ内に秘めた情熱を感じ、

この会社で働けば、最高に成長できるのではないかと実感したから。

③インターンに参加する優秀な学生と共に働き、自分自身がどのくらいの実力で、

どのくらいの可能性を秘めていて、どのくらい活躍できるのかということに挑戦したいと思うからです。
これからは、営業として働くので、本日は電話の受け方やアポの取り方のこつ、

パソコンの使い方等、多くのことを学びました。

今日感じたことは、このインターンはとてもやりがいがあると感じたと共に、

中途半端な気持ちでは、絶対に活躍できないということです。

今後、手を抜くことなく、早く周りの社員の方から認められるような存在になりたいと思います。

そして、いち早くアポを取り、受注できるように切磋琢磨したいと思います。

明日も朝からなので、今日はこのへんにしておきます。

ではでは!

前の記事:

次の記事:

2009/08/04 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

【第2回目】企画+デザイン+プログラミング=アプリ開発

アプリ開発をする上で企画・デザイン・プログラミングの3つの役割が必要となる。 ①企画 まずはどんなアプリを作るのか?という企画から始まる。 アプリを作る目的やターゲット層、販売価格などの詳細を明確にす...

続きを見る

希少性の高い記事はアクセス増加の起爆剤

WordPressでブログを始めて、半年以上が経ちました。最初は1日10アクセスくらいしかなく、全然だめやん!って思って、アクセス数はどうやったら上がるか、いろいろと悩んでいました。 最近は継続して記...

続きを見る

To Doの因数分解化

1日のうちにこなすべきことをToDoとしてリスト化することは大事だけど、そのToDoをさらに分解して把握することが必要だと思う。...

続きを見る

実際にNAVERまとめを作ってみた件

    SNSの普及やスマートフォン登場などのような技術革新によって、昔と比べてより個人が意見を発信しやすい環境になり、カリスマブロガーや著名人のブログなど、インターネット上におい...

続きを見る

Gunosy(グノシー)は自分好みの情報を収集できる最高のツール

突然ですが、Gunosy(グノシー)を知っているでしょうか?Gunosyは自分の興味にあったニュースや記事を配信してくれるパーソナルマガジンのことです。 TwitterやFacebookのアカウントで...

続きを見る