tikuson

目標と目的の違い『3人のレンガ積みの話』

photo credit: Pensiero via photo pin cc

ぶれない「自分の仕事観」をつくる キーワード 80 っていう、
本を読んでいて、印象に残った話があったので紹介します。

まず始めに、目標と目的の違いは何でしょうか?
目標⇒単に目指すべき方向や状態
対して、目的は、目標に意味が付加され、
目的=目標+意味

『3人のレンガ積みの話』

中世のとある町の建築現場に、3人の男がレンガを積んでいました。通りかかった男が、「何をしているの?」って尋ねたら、

1人目・・・「レンガを積んでいる」
2人目・・・「食うために働いている」
3人目・・・「後世に残る町の大聖堂を造っている」
と答えました。

3人の目標(レンガをいくつ積むかなど)は共通しているといえます。

ただ、目的はバラバラです。
1人目は、目的なしに働いています。
2人目は、生活費のために働いています。
3人目は、後世に影響を与え、世の中の役に立つために働いています。

このことから、目標は他人から与えられることもあるが、目的は、他人から与えられるものではない。
なぜなら、意味は自分で見出すものだからです。

ただ、漠然と生活費を稼ぐために働くのは、つまらないと思います。何のために働くのかっていう意味を考え、目標に向かって取り組むことが大切なんじゃないかと思いました。

心が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。

そもそも何のために働くのかってことを真剣に考えてみようと思い書いたブログでした。
ではでは。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

プロになるためには、10000時間を費やすことが一つのマイルストーンである

ある分野に秀でているということは、その分野に費やした時間が他の人と比べて圧倒的に多く、費やした時間と能力は比例関係にあると思う。 例えば、サッカーが上手な人は、子供のころからサッカーに多くの時間を費や...

続きを見る

検索エンジンのロボットに惚れさせるために必要な3つの考え方

過去の自分のブログを読み返していて、「恥ずかしいっ!」って思う人は多いのではないでしょうか? そのときは、至って真面目に考えて書いているのにも関わらず、今読み返すと「何、こいつ変なこと書いてるの?」「...

続きを見る

『縦』の繋がりも大事だけど、『横』の繋がりもね!

学生時代と比べて社会人になると、利害関係なしで付き合える友人ができる機会が減ってしまったと感じる。 平日の大半が仕事の時間となり、休日は会社の人や大学時代の仲の良い友人にあって過ごすという人は多いと思...

続きを見る

時間とお金はどちらが大切か?という件について

時間とお金はどちらが大切なのだろうか?と、外を歩きながら考えてみた。 時間は裕福な人であろうが、貧しい人でも平等に1日24時間与えられている。一方、お金は平等のものではなく、多く所有している人もいれば...

続きを見る

豹は何を求めて頂上まで登ったのか?

アーネスト・ヘミングウェイの短編小説である『キリマンジャロの雪』の中の文章が印象的だったので紹介します。 標高5895mというアフリカ大陸最高峰の『キリマンジャロ』の山頂で、干からびて凍りついた一頭の...

続きを見る

オススメ記事

対人感受性能力を磨くこと

                社会人になって、2年が経った。入社して1年目は、とにかくがむしゃらに働いて、自分の力で給...

続きを見る

2013年の抱負について

          2013年がスタートしたので、今年をどんな年にしたいか書いてみます。 自己投資の年 今年で26歳になります。20代は数多くの失敗や...

続きを見る

【注目!】『ドットインストール』VS『Codecademy』プログラミング学習サイトの到来

3分動画で学習できる、プログラミング学習サイト『ドットインストール』について、昨日記事を書きましたが、今回はニューヨークで生まれて注目を浴びているプログラミング自習サイト『Codecademy』につい...

続きを見る

(本)DeNA創業者の南場 智子氏著書『不格好経営』チームDeNAの挑戦

不格好経営―チームDeNAの挑戦 南場 智子 日本経済新聞出版社 2013-06-11 売り上げランキング : 28  Amazon Kindle by ヨメレバ 3年前に就職活動をしていて...

続きを見る

【成長論】高速道路と一般道路

ブログのタイトルに、高速道路と一般道路って書いたんですけど、 それについてアウトプットします! 勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント/白石 康次郎 この本の中で、棋士の羽生さんが言っ...

続きを見る