tikuson

【教訓】ウサギと亀の件

【ウサギと亀の話】
イソップ物語で、ウサギと亀が追いかけっこする話は有名だと思います。教訓として、最終的にはコツコツと努力する人が勝つということが言われていると思います。

亀が鈍足でも、地道に歩を進めた結果、勝つことができたのです。では、ウサギはというと、継続した努力を怠り、油断したから負けたのです。と普通だと考えます。

でも、時間的に余裕ができるとすぐに手を抜くという戒めと考えることもできます。余裕があると、油断してしまうのです!時間的に余裕ができると、ムダな時間を過ごしてしまうし、金銭的に余裕ができると、ムダなお金を使ってしまう・・・

なので、余裕があるときにこそ、危機意識を忘れないことが大切だと考えます。

例えば、ビジネスでも、急成長の会社は、自社の商品がどんどん売れ、そのことに満足し、工場を作ったり、人を雇ったり、さらに商品を製造したり・・・そして、売れなくなってくると、在庫を抱え、給料が払えなくなり、倒産するみたいな・・・

もし、急成長しているときに、危機意識を持って行動していれば、別の良い結果になったかもしれません。

余裕があるときにこそ、注意が必要だと考えました。危機って言葉は、2つの漢字から成り立っています。危機=危険(ピンチ)+機会(チャンス)

ピンチな時は、チャンスであると思います。ピンチの状況に、いかに考え、行動するかで、評価が変わってくると思います。ピンチも打開すれば、高評価につながるチャンスなのでないかと考えます。

就活をしていた時に、ESに自分を一言で表現すると?という設問があったのを思い出しました。私は、「CをGに変える男」って書きました。説明として、Chance(機会)をものにして、自身をChange(変化)できるからです・・・みたいな(笑)

自分が書いたES見ると、マジで笑えてくる・・・よくこんなこと書いたなぁ~みたいな(笑)
話がだいぶずれました。

何が言いたいのかっていうと、時間に余裕があるときに、ムダな時間を過ごさないってことです。
1日24時間、1年365日は、平等に与えられているし、有限です。でも、その時間の使い方は、、無限にあります。

大学4年の残りの限られた時間を有効的に使いたいなぁ~って思っています。たまに社会人の方が、「働き出したら、遊ぶ時間がないから、学生時代には、うんと遊んどいた方がいいよ~」って言うのを聞きます。

たしかに、社会人になったら、まとまって休みをとって、海外に1ヶ月旅行するみたいなことはできないかもしれません。でも、私は社会人になっても、時間を有効的に使えば、いくらでも遊べると考えているので、学生時代に遊ぼう、遊ぼうと思わなくてもいいと個人的に思っています。

ただ、学生時代にしかできないこと or 社会人でもできるけど、学生の時に経験すべきことをやったほうが良いと思っています。例えば、旅行は社会人になってからもできますが、チャリで日本全国をまわったり、ヒッチハイクでどこまで行けるか挑戦みたいなことは、社会人になったら、なかなかできないので学生のうちにやるなど・・・

他にも、会社で働くっていうことも大切だと思います。社会人になったら、会社で働くので、何も学生時代に働かなくてもいいのでは?と考える人も多いかと思いますが、社会人になってから働くのと、学生のうちから働くのでは、何か違うと私は思います。学生のうちから働くことで、得られないものを得られる気がするんです。

そんなことを考えました。

【結論】
いま、心から楽しめること・ワクワクすることを、全身全霊でやる

ではでは。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

プロになるためには、10000時間を費やすことが一つのマイルストーンである

ある分野に秀でているということは、その分野に費やした時間が他の人と比べて圧倒的に多く、費やした時間と能力は比例関係にあると思う。 例えば、サッカーが上手な人は、子供のころからサッカーに多くの時間を費や...

続きを見る

検索エンジンのロボットに惚れさせるために必要な3つの考え方

過去の自分のブログを読み返していて、「恥ずかしいっ!」って思う人は多いのではないでしょうか? そのときは、至って真面目に考えて書いているのにも関わらず、今読み返すと「何、こいつ変なこと書いてるの?」「...

続きを見る

『縦』の繋がりも大事だけど、『横』の繋がりもね!

学生時代と比べて社会人になると、利害関係なしで付き合える友人ができる機会が減ってしまったと感じる。 平日の大半が仕事の時間となり、休日は会社の人や大学時代の仲の良い友人にあって過ごすという人は多いと思...

続きを見る

時間とお金はどちらが大切か?という件について

時間とお金はどちらが大切なのだろうか?と、外を歩きながら考えてみた。 時間は裕福な人であろうが、貧しい人でも平等に1日24時間与えられている。一方、お金は平等のものではなく、多く所有している人もいれば...

続きを見る

豹は何を求めて頂上まで登ったのか?

アーネスト・ヘミングウェイの短編小説である『キリマンジャロの雪』の中の文章が印象的だったので紹介します。 標高5895mというアフリカ大陸最高峰の『キリマンジャロ』の山頂で、干からびて凍りついた一頭の...

続きを見る

オススメ記事

off the beaten track

最近読んだ本(『V字回復の経営』)の中にあった言葉。 自然死的衰退への緩慢なプロセス 突発的な事件が起きれば、人はそれに対して俊敏に反応することができるが、毎日少しずつ、10年、20年の単位でジワジワ...

続きを見る

To Doの因数分解化

1日のうちにこなすべきことをToDoとしてリスト化することは大事だけど、そのToDoをさらに分解して把握することが必要だと思う。...

続きを見る

豹は何を求めて頂上まで登ったのか?

アーネスト・ヘミングウェイの短編小説である『キリマンジャロの雪』の中の文章が印象的だったので紹介します。 標高5895mというアフリカ大陸最高峰の『キリマンジャロ』の山頂で、干からびて凍りついた一頭の...

続きを見る

【本】リブセンス -生きる意味- 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事 史上最年少で上場記録を塗り替えたリブセンス社長の村上太一さんの起業ストーリーが描かれた一冊です。 史上最年少...

続きを見る

【カフェ】フリーランスの職場?

                フリーランスは組織に所属していないので、会社ではなく自宅やカフェで仕事をする人は多いと思...

続きを見る