tikuson

【本】ユダヤ人大富豪の教え

ユダヤ人大富豪の教えを読みました。
最高にいい本でした!オススメ度MAXですわ。

読む前は、堅苦しい本なんだろーなぁーって思ってたのですが、
実際は、読みやすく、対話形式で進むので、気付いたら一気に読み終えてました。

アメリカで出会った大金持ちの老人、ゲラー氏の教えを対話形式で書かれていて、
3日以内に1000人分の署名をもらう電球を1000個売るなど、色んな課題を乗り越えながら、お金持ちになるためのノウハウを学んでいきます。

困難にぶつかったときにクリエイティブなアイデアを出せるかどうか、
人脈の作り方や、スピーチ・セールスの極意などなど、
具体的に書かれているので、読んでいてイメージしやすく、
自分が主人公になったかのように感じさせられると思います。

特に印象的だった言葉は、

【目標設定 成功5原則】

  1. ワクワクするような目標を立てる
  2. 目標は細分化し、具体的な行動ステップを考える
  3. 目標達成時のご褒美と失敗時の罰を用意する
  4. 目標が達成したところをイメージして楽しむ
  5. 行動を起こす

こうなったら最高!とか、絶対面白い・ワクワクする。っていう目標を立てれば、モチベーションが上がるし、その目標に向かって、信じられないパワーが発揮できるのだと考えました。

信じられないパワーを発揮している時は、本人は楽しく夢中でやっているので、
頑張っているつもりは全く無いのに、エネルギーを注げるのだと考えています。

例えば、小学生の時、ポケモンの名前を151匹覚えたことがあります。
でも、頑張って覚えようとしたわけではありません!楽しくて夢中になっていたので、簡単に名前を覚えられたし、技やアイテムなども全部覚えられました。

頑張ってはいけないんです!・・・というと、言いすぎですが、
本人に頑張ってるという意識がある状態はまだまだなんじゃないかなぁーって
個人的には思っています。もちろん、例外もあると思いますが・・・

目標の細分化も大切だと感じました。例えば、目の前に5mの壁があったとします。道具も何もなく、周りに助けてくれる人もいないとします。そうしたら、この5mの壁を越えるのは、難しいと感じ、諦めてしまうかもしれません。

でも、50cmの階段を10段登るって考えると、なんか、いけそうな気がする~~~って思うことが、あると思います!目標を高く持つことは大切ですが、細分化することで、今の自分に超えられるギリギリの壁を設定し、成功体験を積むことが大切だと感じました。

そして、目標を決めることは、誰にもできますが、その目標に向かって
行動レベルに落とし込めるかどうかが重要だと思います。

こういうことがやりたいとか、こういうところに問題意識を持っているから解決したいと思うことは、簡単ですが、それに向けて、今何をしているのか、これから何をすべきなのかってことを考え、行動できるかってところが重要なポイントだと思います。

そして、いざ行動すると決めたら、後ろを振り返らずに、下りのエスカレータを一気に駆け上がるように情熱を持って行動することが大事だと考えます。

以前、下りのエスカレーターを駆け上がったことがありますが、(←かなり迷惑なやつ 笑)相当疲れました!というのも、立ち止まると、元に戻ってしまうので、一気に駆け上がらないといけないからです。

パッションを持って行動することが大事です!時には周りから、反対されるかもしれません。でも、向かい風があるからこそ、高く飛べるのだと思います。(凧や飛行機と同じように)

そんな感じで熱い思いをアウトプットした、ブログでした。

2009/10/18 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

2012年に読んだ一読の価値ある本〜BEST3〜

2012年に読んだ中で絶対に読んだ方がよい!と思ったオススメの本を紹介します。 Best 3 フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜  フリーエージェントとは、「インター...

続きを見る

【本】マイクロソフトでは出会えなかった天職 〜僕はこうして社会起業家になった〜

たまたまブックオフで見つけて、Amazonのレビュー評価が非常に高かったので読んでみましたが、鳥肌が立つくらい感動した一冊でしたので紹介します。 著者のジョン・ウッドはマイクロソフトに勤務していたが、...

続きを見る

【漫画】必見!社会人版のドラゴン桜『エンゼルバンク』

『ドラゴン桜』という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。 元暴走族の弁護士が落ちこぼれ高校の生徒の受験を指導し、東大に合格させるストーリーです。 漫画だけでなく、テレビドラマ化して人気を呼ぶ作品...

続きを見る

【本】リブセンス -生きる意味- 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事 史上最年少で上場記録を塗り替えたリブセンス社長の村上太一さんの起業ストーリーが描かれた一冊です。 史上最年少...

続きを見る

【本】『自分の中に毒を持て』ーあなたは”常識人間”を捨てられるかー

イケダハヤトさんのブログで、”ウェブサービスで起業したい!と考えている人が読むべき15冊の本”という記事の中で紹介されており、興味を持ったので読みました。 『芸術は爆発だ』という言葉を聞いたことがある...

続きを見る

オススメ記事

個人間マーケットプレイス(C to Cマーケットプレイス)の台頭

最近、オンライン上で個人間でやりとりを行うサービスに注目をしていて、今回特に面白いと感じた個人間サービスを紹介したいと思います。 ▼個人間マーケットプレイスのいろいろ ① Abilie(アビリエ) ┗...

続きを見る

3Dアニメーション『TomoNewsJP』がクオリティー高すぎて面白すぎる件

最近知ったYoutubeの動画で、あまりにもクオリティーが高く、面白いアニメーションがあったので紹介します。その名も、TomoNews JP!Next Media Animationという香港と台湾に...

続きを見る

理由探しの逃げを止める

何かと理由をつけて、物事を先送りにしてはいけない。面倒くさいことを先送りにしても、必ずやらなければならない時がくるので、無駄に先に延ばしてしまうと、塵も積もれば効果でさらに面倒くさいことになる場合もあ...

続きを見る

(本)検索上位を最速で実現させるWordPress SEOの極意

検索上位を最速で実現させるWordPress SEOの極意 posted with ヨメレバ 藤原 良輔 秀和システム 2013-03 Amazon 書店で気になったSEO本があったので早速購入してみ...

続きを見る

【第2回目】企画+デザイン+プログラミング=アプリ開発

アプリ開発をする上で企画・デザイン・プログラミングの3つの役割が必要となる。 ①企画 まずはどんなアプリを作るのか?という企画から始まる。 アプリを作る目的やターゲット層、販売価格などの詳細を明確にす...

続きを見る