tikuson

【本】好きなことだけやればいい

好きなことだけやればいい/KAGE

¥1,365
Amazon.co.jp

最近読んだ本で、面白かったのがあるので紹介します。
好きなことだけやればいいって本です。

著者は、プロレスラーになりたくて18歳の時に、渡米して、色々経験してカリカチュアで世界一を目指すことに決め、実際に叶えた体験談が書かれています。

カリカチュアとは、モチーフとなる人物の外見的特長や内面に潜む個性を、
ユーモアを交えて表現することです。

カリカチュアとともに、熱いメッセージが込められているので、
すらすら読めて、面白く、なるほどって思うこともあって、為になりました。

【印象的だった言葉】
●自信は結果からではなく、プロセスから生まれる
●守・破・離
●技術はマジックではなく、ロジック
●自分満足のない、顧客満足はない
⇒self satisfaction = customer satisfaction
●目の前に倒れている自転車を起こせない奴は何もできない
●強さとは、己の弱さを認めること
●10の知識より、1の実体験
●アヒルの水かき

※水辺を泳ぐアヒルは優雅に見えるけど、水の中では必死に足をバタつかせて
懸命に前へ進んでいる・・・⇒見えないところで、地道な努力をするべし!

などなど、なるほどって感じるところがあるので、オススメです。

2009/10/24 | ブログ,

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

2012年に読んだ一読の価値ある本〜BEST3〜

2012年に読んだ中で絶対に読んだ方がよい!と思ったオススメの本を紹介します。 Best 3 フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜  フリーエージェントとは、「インター...

続きを見る

【本】マイクロソフトでは出会えなかった天職 〜僕はこうして社会起業家になった〜

たまたまブックオフで見つけて、Amazonのレビュー評価が非常に高かったので読んでみましたが、鳥肌が立つくらい感動した一冊でしたので紹介します。 著者のジョン・ウッドはマイクロソフトに勤務していたが、...

続きを見る

【漫画】必見!社会人版のドラゴン桜『エンゼルバンク』

『ドラゴン桜』という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。 元暴走族の弁護士が落ちこぼれ高校の生徒の受験を指導し、東大に合格させるストーリーです。 漫画だけでなく、テレビドラマ化して人気を呼ぶ作品...

続きを見る

【本】リブセンス -生きる意味- 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事 史上最年少で上場記録を塗り替えたリブセンス社長の村上太一さんの起業ストーリーが描かれた一冊です。 史上最年少...

続きを見る

【本】『自分の中に毒を持て』ーあなたは”常識人間”を捨てられるかー

イケダハヤトさんのブログで、”ウェブサービスで起業したい!と考えている人が読むべき15冊の本”という記事の中で紹介されており、興味を持ったので読みました。 『芸術は爆発だ』という言葉を聞いたことがある...

続きを見る

オススメ記事

対人感受性能力を磨くこと

                社会人になって、2年が経った。入社して1年目は、とにかくがむしゃらに働いて、自分の力で給...

続きを見る

自分メディア化

Facebook at Mozcon – Alex / Thos003     ソーシャルメディア時代において、自分ブランドを構築することが大切だと思っていて、自分ブランドを構築...

続きを見る

【注目!】『ドットインストール』VS『Codecademy』プログラミング学習サイトの到来

3分動画で学習できる、プログラミング学習サイト『ドットインストール』について、昨日記事を書きましたが、今回はニューヨークで生まれて注目を浴びているプログラミング自習サイト『Codecademy』につい...

続きを見る

『百文は一見にしかず』ハートに響く広告について

ハッとする広告に出会う時があります。説明がない広告でも、その広告のメッセージが直感的にわかります。 『百聞は一見にしかず』ということわざがあるように、人から何回も聞くよりも自分の目で確かめた方がよくわ...

続きを見る

投資版ドラゴン桜!最新作『インベスターZ』の感想

インベスターZ(1) (モーニングKC) 三田 紀房 講談社 2013-09-20 売り上げランキング : Amazon by ヨメレバ 『インベスターZ』のあらすじ ドラコン桜の作者である三田 紀房...

続きを見る