tikuson

最強のフレームワーク

本を読んでいて、このフレームワークは使えるというものがあったので、2つ紹介したいと思います。

【人の課題を分析するときのフレームワーク】
仕事でも、プライベートでも、何かしらの解決しなければならない課題
があると思いますが、その時に、課題を解決するために、以下の6つのプロセスを踏んで、分析できます。

①Experience(経験)  ⇒経験が不足しているのでは?
②Emotion(意識)     ⇒意識が高くないのでは?
③Knowledge(知識)   ⇒知識不足では?
④Essential Skill(技術)⇒〇〇の技術不足では?
Strong Emotion(こだわり)⇒こだわりがあるか?

※自分でなくてもよい、やるべきではない、よくない、と思っていないか?覚え方は、けいちぎこです。

【人の記憶に強烈にインパクトを与えるフレームワーク】
仕事でも、プライベートでも、新鮮なアイデア、発想、工夫が必要とされる場面があると思います。人の心に強烈にインパクトを与え、記憶を焼き付けるために、
以下の要素が大切になってきます

①Simple ⇒単純明快であること!
②Unexpected ⇒意外性がある!
③Concrete ⇒具体的である!
④Credible⇒信頼性がある!
⑤Emotional ⇒感情に訴える!
⑥Story ⇒物語性がある!

覚え方は、SUCCESsです。

プレゼンテーションや就活の面接で自己PRをする際にに、相手に強烈なインパクトを与えるかどうかってことが重要だと思っていて、こいつ、すげぇな!とか、もう一度、会ってみたい!と思わせることで、最高の結果を残せると思っています。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

プロになるためには、10000時間を費やすことが一つのマイルストーンである

ある分野に秀でているということは、その分野に費やした時間が他の人と比べて圧倒的に多く、費やした時間と能力は比例関係にあると思う。 例えば、サッカーが上手な人は、子供のころからサッカーに多くの時間を費や...

続きを見る

検索エンジンのロボットに惚れさせるために必要な3つの考え方

過去の自分のブログを読み返していて、「恥ずかしいっ!」って思う人は多いのではないでしょうか? そのときは、至って真面目に考えて書いているのにも関わらず、今読み返すと「何、こいつ変なこと書いてるの?」「...

続きを見る

『縦』の繋がりも大事だけど、『横』の繋がりもね!

学生時代と比べて社会人になると、利害関係なしで付き合える友人ができる機会が減ってしまったと感じる。 平日の大半が仕事の時間となり、休日は会社の人や大学時代の仲の良い友人にあって過ごすという人は多いと思...

続きを見る

時間とお金はどちらが大切か?という件について

時間とお金はどちらが大切なのだろうか?と、外を歩きながら考えてみた。 時間は裕福な人であろうが、貧しい人でも平等に1日24時間与えられている。一方、お金は平等のものではなく、多く所有している人もいれば...

続きを見る

豹は何を求めて頂上まで登ったのか?

アーネスト・ヘミングウェイの短編小説である『キリマンジャロの雪』の中の文章が印象的だったので紹介します。 標高5895mというアフリカ大陸最高峰の『キリマンジャロ』の山頂で、干からびて凍りついた一頭の...

続きを見る

オススメ記事

2009年を振り返って

今年、1年を一言で表すと、『出会い』かなって。 2009年を振り返って、私の人生に大きく影響を与えたのは、 やはり、就職活動だったと思います。 今後の人生の方向性が決まる、大切な1年でした! 多くの会...

続きを見る

【WordPressネタ】Blue Adminで管理画面をFacebook風に変更できるプラグイン

        Word Pressでは、プラグインを使うことで簡単に便利な機能を追加することができます。表示高速化用のプラグインやSEO対策用のプラグインなど...

続きを見る

社会人になってから学んだ3つの心得

                社会人になって、仕事をしていく上で、自分には、かなり足りないって思うところが多々あって、...

続きを見る

自分メディア化

Facebook at Mozcon – Alex / Thos003     ソーシャルメディア時代において、自分ブランドを構築することが大切だと思っていて、自分ブランドを構築...

続きを見る

【書感】スタバで読んだ5つの本

夜9時くらいから、久しぶりにスタバに本を読みに行きました。このスタバは、マイフェイバリット・スタバで、他のスタバとは一線を画しています。 なぜなら、TSUTAYAと合体していて、スタバでくつろぎながら...

続きを見る