tikuson

最強のフレームワーク

本を読んでいて、このフレームワークは使えるというものがあったので、2つ紹介したいと思います。

【人の課題を分析するときのフレームワーク】
仕事でも、プライベートでも、何かしらの解決しなければならない課題
があると思いますが、その時に、課題を解決するために、以下の6つのプロセスを踏んで、分析できます。

①Experience(経験)  ⇒経験が不足しているのでは?
②Emotion(意識)     ⇒意識が高くないのでは?
③Knowledge(知識)   ⇒知識不足では?
④Essential Skill(技術)⇒〇〇の技術不足では?
Strong Emotion(こだわり)⇒こだわりがあるか?

※自分でなくてもよい、やるべきではない、よくない、と思っていないか?覚え方は、けいちぎこです。

【人の記憶に強烈にインパクトを与えるフレームワーク】
仕事でも、プライベートでも、新鮮なアイデア、発想、工夫が必要とされる場面があると思います。人の心に強烈にインパクトを与え、記憶を焼き付けるために、
以下の要素が大切になってきます

①Simple ⇒単純明快であること!
②Unexpected ⇒意外性がある!
③Concrete ⇒具体的である!
④Credible⇒信頼性がある!
⑤Emotional ⇒感情に訴える!
⑥Story ⇒物語性がある!

覚え方は、SUCCESsです。

プレゼンテーションや就活の面接で自己PRをする際にに、相手に強烈なインパクトを与えるかどうかってことが重要だと思っていて、こいつ、すげぇな!とか、もう一度、会ってみたい!と思わせることで、最高の結果を残せると思っています。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

プロになるためには、10000時間を費やすことが一つのマイルストーンである

ある分野に秀でているということは、その分野に費やした時間が他の人と比べて圧倒的に多く、費やした時間と能力は比例関係にあると思う。 例えば、サッカーが上手な人は、子供のころからサッカーに多くの時間を費や...

続きを見る

検索エンジンのロボットに惚れさせるために必要な3つの考え方

過去の自分のブログを読み返していて、「恥ずかしいっ!」って思う人は多いのではないでしょうか? そのときは、至って真面目に考えて書いているのにも関わらず、今読み返すと「何、こいつ変なこと書いてるの?」「...

続きを見る

『縦』の繋がりも大事だけど、『横』の繋がりもね!

学生時代と比べて社会人になると、利害関係なしで付き合える友人ができる機会が減ってしまったと感じる。 平日の大半が仕事の時間となり、休日は会社の人や大学時代の仲の良い友人にあって過ごすという人は多いと思...

続きを見る

時間とお金はどちらが大切か?という件について

時間とお金はどちらが大切なのだろうか?と、外を歩きながら考えてみた。 時間は裕福な人であろうが、貧しい人でも平等に1日24時間与えられている。一方、お金は平等のものではなく、多く所有している人もいれば...

続きを見る

豹は何を求めて頂上まで登ったのか?

アーネスト・ヘミングウェイの短編小説である『キリマンジャロの雪』の中の文章が印象的だったので紹介します。 標高5895mというアフリカ大陸最高峰の『キリマンジャロ』の山頂で、干からびて凍りついた一頭の...

続きを見る

オススメ記事

同窓会のジレンマ〜働き方の多様性と自身への問い〜

Facebookユーザ増加に伴い、昔の友人と容易に繋がることができ、連絡をとったり、小学校や中学校の同窓会をするなどのイベントが増えたのではないでしょうか? Facebookでイベントのグループを作っ...

続きを見る

自分の答えのつくりかた

最近、家の近くのスタバで読書をすることが習慣になってきました。 週2~3回ぐらい行き、1日3冊以上本を読んでいます。 最近読んだ本で、お勧めしたいのがあります。↓ 『自分の答えのつくりかた~INDEP...

続きを見る

【心温まる動画】Free Hugs for Korea-Japan Peace (日本人が韓国でフリーハグをしてみた)

たまたま見つけた『Free Hugs for Korea-Japan Peace (日本人が韓国でフリーハグをしてみた)』という動画がすばらしく、とても心が温まりました。 ひとりでも多くの人に見て頂き...

続きを見る

『進撃の巨人』が現代社会を投影している理由〜家畜と社畜の類似点〜

『進撃の巨人』を野球マンガと勘違いした人は多いでしょう。実際は、巨人は巨人でも大型な人間という意味の巨人であり、野球は一切でてきません(笑)。『進撃の巨人』については先日ブログで書きましたので、こちら...

続きを見る

引っ越しが趣味になった顛末

家族が転勤族だったこともあり、生まれてから26年経ちますが、かれこれ15回くらいは引っ越しをしています。ここまで引っ越しを繰り返すと、逆に『俺は引っ越し王になる!』という目標すら掲げたくなるレベルです...

続きを見る