tikuson

大企業とベンチャーはプールと海の違い

社長が朝会で言っていたことが、印象的だったので紹介します。

大企業は、環境や仕組みが整備された「プール」を泳ぐものとすれば、ベンチャーは、ゴールの見えない荒波の「海」を泳いでいくような毎日。ベンチャーで活躍するためには、会社はあくまでも自らが活躍するための舞台であり、この舞台の上に立って、前例のない仕事にチャレンジし、自ら考え行動し、ブレークスルーする自律自走が求められていることを感じて欲しい。

特に、ベンチャーで働く上では、当事者意識が大切だと思っていて、自ら会社を創っていこうという気持ちを持つことが大切かと。

話が変わりますが、日曜日に、KOの友人の後輩のES添削をしたけど、その人は、安定思考だから、大手企業に行きたいって言っていた・・・

むむむむむっ・・・なんだかなぁ・・・って思う理由は、
以前のブログで書いています⇒こちら

人それぞれ価値観は違うけど、ブランドに捉われずに、仕事をしていてワクワクできるか?一緒に働きたいって思える社員の方々がいるか?っていう視点が大切だと私は思っています。何のために働くんでしょうか・・・お金のためだろうか?

私がたとえ、3億円渡されて、一生仕事をしないでくれ!って言われても拒否します・・・たぶん(笑)

誰かを喜ばせたいだとか、自分の可能性を試してみたいとか、遊び心を持って、ワクワクしながら仕事がしたいとか・・・そもそも幸せってなんだろう?
・・・
長くなりそうなので、書くのは控えますw大学受験のために、必死で勉強する人は多いけど、就職活動のために、必死でする人は少ない気がする。

大学は4年間だけど、社会人生活は今後の40年間。新卒は一生に一回だけなので、真剣に考えて、行動することが大切だと改めて感じた。

2010/03/15 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

働き方の多様性から生まれるフリーランスやノマドワーカーという生き方

Coffeeshop Prop Humor No. 1 / Pen Waggener フリーランスやノマドワーカーという言葉が、今年に入って急に広まり、ブログや書店で触れる機会が多くなった。 最初は、...

続きを見る

【本】リブセンス -生きる意味- 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事 史上最年少で上場記録を塗り替えたリブセンス社長の村上太一さんの起業ストーリーが描かれた一冊です。 史上最年少...

続きを見る

20代のうちに知っておきたい時間とお金の使い方

20代のうちは色んなことに挑戦して経験することが大切だ。 こんな言葉をよく聞きますが、 何にどのくらい時間を費やすかが1番重要だと思います。 時間は有限であるので、ムダなことに時間を浪費してしまうこと...

続きを見る

死ぬ直前の『後悔』TOP5

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 《TOP5》  ①自分自身に忠実に生きておけば良かった 人生を...

続きを見る

(本)『一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック』高橋フミアキ著

  本屋で気になって『一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック』という本を購入した。   普段のメールでもブログでも、サイトのコンテンツにも、   文章を書くことは共通して...

続きを見る