tikuson

社会海論

 

 

 

 

 

 

【社会海論】
社会は海に似ていると思っていて、絶えず変化して、流れが急に変わったり、おだやかな状態でも、一瞬にして荒れ狂る海に変わることもある。だれにも予想がつかないものである。

そして、会社は船に似ている先のことが予想できない社会に、船を進める。その船は頑丈なものでなければならない。長期的な視点で基盤を作り、船を創り上げ、信頼できる、クルーを乗せて旅立つ。

船頭が社長だとすれば、船員(クルー)は社員である。いくら立派な船でも、船頭だけでは、長い航海はできない。信頼できるクルーが必要で、そのクルーは自らが船を動かすメンバーとして当事者意識を持たなければならない。

クルーは船頭の目指す方向にベクトルを合わせて、自らそのベクトルに合わせて、動き出す。船の名前は、会社の名前。その船は、外見が派手で、中身が伴っていない場合は、沈没する(倒産する)。

変化に対応できるように、基盤を固めて、事前に準備をする必要がある。出発は、順調にいっても途中で嵐に遭遇するかもしれない。船に穴が開いて、水が入るかもしれない。

そのときに、いかに対処するかがその後の航海を決める。修正して、改善していかなければ沈没する。対処が不可能の場合は、船から下りなければならない。

追い風のときは、帆を立て、一気に進むことができる。順風満帆に。その風を感じ、流れに乗り遅れないようにしなければならない。船は1つではない。他の船と競争することもある。

お互いの船が相手を追い抜かそうと競い合う。赤い海。一方、その海とは違い、おだやかな青い海で優雅に進む船もある。どの船とも争うことなく。

船にもたくさんの種類がある。大きな船・小さい船・船といえないような船。大きな船は、クルーも多く、着実に進むことができる。小さい船は、クルーは少なく、波に注意しながら進む。船とはいえない船は、沈没することが多い。

資本金もなく自らゼロベースで船を創り上げ、荒れ狂う波に出発する(起業家)。予想できない海では、大きな船でも沈没することがある。まして、小さい船はあっという間に沈没する。

その中で、生き残る船は、流れに対応できる船である。先を見通して、嵐を回避できるにこしたことはないが、なかなか難しい。荒れ狂う波の中で、もがきながらPDCAを回して、乗り越えることで、強くなるのだと思う。

今は、変化に対応できない船は次々に沈没している。残っている船に、乗ろうと多くのクルーがパイを奪い合う。自ら、船を作り、パイを増やそうと考える人もいる。

どの船に乗ろうかと考える就活生がいる。派手な船に惹かれて、中身が見えないこともある。危険なことだ。基盤がしっかりしていないと、先が望めない。

また、船でなく、そこで働くクルーの存在も大切である。同じ船に乗るわけだから、一緒にこぎたいと思えるクルーがいるか。そのことを踏まえて、船を選ぶ必要があると思う。

クルーの中には、船を先に進める(モーター役)とそれを遅らせる碇(アンカー)がいる。船頭は、それを見極めることも大切な役割である。そうして、船とクルーが、航海するのである。

社会は海に似ている。塩水を飲むこともあるけれど、歯を食いしばり、耐えながら先に進むことで、いずれ、最高の光景を目の当たりにする。その光景を見るまでに、多くのクルーがいなくなるかもしれないけど、残ったクルーは、熱いものがあると思う。

社会を海に例えた、私なりの社会海論でした。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

プロになるためには、10000時間を費やすことが一つのマイルストーンである

ある分野に秀でているということは、その分野に費やした時間が他の人と比べて圧倒的に多く、費やした時間と能力は比例関係にあると思う。 例えば、サッカーが上手な人は、子供のころからサッカーに多くの時間を費や...

続きを見る

検索エンジンのロボットに惚れさせるために必要な3つの考え方

過去の自分のブログを読み返していて、「恥ずかしいっ!」って思う人は多いのではないでしょうか? そのときは、至って真面目に考えて書いているのにも関わらず、今読み返すと「何、こいつ変なこと書いてるの?」「...

続きを見る

『縦』の繋がりも大事だけど、『横』の繋がりもね!

学生時代と比べて社会人になると、利害関係なしで付き合える友人ができる機会が減ってしまったと感じる。 平日の大半が仕事の時間となり、休日は会社の人や大学時代の仲の良い友人にあって過ごすという人は多いと思...

続きを見る

時間とお金はどちらが大切か?という件について

時間とお金はどちらが大切なのだろうか?と、外を歩きながら考えてみた。 時間は裕福な人であろうが、貧しい人でも平等に1日24時間与えられている。一方、お金は平等のものではなく、多く所有している人もいれば...

続きを見る

豹は何を求めて頂上まで登ったのか?

アーネスト・ヘミングウェイの短編小説である『キリマンジャロの雪』の中の文章が印象的だったので紹介します。 標高5895mというアフリカ大陸最高峰の『キリマンジャロ』の山頂で、干からびて凍りついた一頭の...

続きを見る

オススメ記事

LCCは空のマック?Jetstarで東京⇄鹿児島間の片道航空券が5円だった件

1週間会社を休んで、九州一周の旅に出た。3ヶ月前にJetstarの先着申込キャンペーンでGETした、東京の成田発、鹿児島行き片道5円の航空券を使った。実際に席代が別途かかり、400円から800円くらい...

続きを見る

【TOP3】オススメ本ランキング

最近読んでる本でオススメの本を紹介します。 第3位 ほんとうに使える論理思考の技術/木田 知廣 ¥1,470 Amazon.co.jp ロジックで人を納得させて、心理で感情を動かす!論理思考について書...

続きを見る

Facebookはオワコン化するのか?Facebook疲れを加速させる3大正直しんどい

朝起きたら、まずはFacebookチェック。電車の中でもFacebookチェック。昼休みもFacebookチェック。夜寝る前にもFacebookチェック。1日何回Facebookを確認すれば気が済むの...

続きを見る

【必見!】Facebook(フェイスブック)を活用した日本最大級のマッチングアプリ『Omiai』

日本国内でFacebook(フェイスブック)を利用するユーザが増加したことにより、Facebookのアプリや書籍、コンサルティング会社など、多くのサービスが登場した。 Facebookは自身のプライベ...

続きを見る

理由探しの逃げを止める

何かと理由をつけて、物事を先送りにしてはいけない。面倒くさいことを先送りにしても、必ずやらなければならない時がくるので、無駄に先に延ばしてしまうと、塵も積もれば効果でさらに面倒くさいことになる場合もあ...

続きを見る