tikuson

スーパーサイヤ人理論


■もしもドラゴンボールの孫悟空がビジネスマンだったら・・・■
もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら・・・
みたいだけど、孫悟空がビジネスマンだったら、きっと活躍していると思う。

孫悟空の特徴として、死にそうになって乗り越えたら、より強くなるということが挙げられる!これはビジネスでも言えることだと思っていて、困難な壁にぶち当たったときも、乗り越えると、これまで以上に成長できるものだと思う!

つらいときや壁にぶち当たったときが、一番成長できるチャンスだと思う。自ら自身を追い込むことで、乗り越えたときに強くなるのだと思う。これをスーパーサイヤ人理論と言います!

壁を乗り越えることが大切なんですね♪そして、何より重要な要素として、
困難な壁にぶち当たるときの心構えだと思っていて、いやだなぁ~とか、避けたいなぁ~って思って、逃げ出していてはいけない。

悟空だって、強敵が現れたときに、
やべっ、強そうだから逃げるぜ!なんて弱音をはいたりはしない!むしろ、自分より強い敵が現れたときには、ワクワクしている!

仕事でも、自分の能力以上のタスクや壁が現れたときに、ワクワクすることが大切なのではないかと思う。乗り越えたときに、これまで以上に成長できると思うから。

①自ら追い込むこと ②強敵(困難な仕事)が現れたら、ワクワクする

この2つが、自身をより一層成長させる要因かと思う。
早く、スーパーサイヤ人になれるように頑張ります!

仕事をしていて、体だけではなく、もっと頭を使って取り組むことが大切だと思いました!ただ言われた仕事をしているだけでは、普通の新人。言われたことに対して、自分なりに考えて、もっと効率よくできないか?もっと成果を出すにはどうすべきか?

ってことを考えて、PDCAのサイクルを意識しないと、一般ピープル、いや一般フレッシャーマンのままだと。

目標と目的は違うし、手段は一つではない。そもそも何のためにやっているのか?もっと成果を何倍にも出すには何が足りないのか?ってことを考えることが必要で、それは人から言われて気付くのではなく、自分自身で気付かなければいけないものだと思う。

例えるなら、無人島に不時着して、1人で生活しなければならない時に、たまたま他の人が現れて、釣竿で魚を釣り、食べさせてあげるのではなく、釣りの仕方を教えて、1人で魚が釣れるようにさせることと同じだと思う。

釣って上げていて、もしその人がいなくなったときに、釣ってもらった人は、
1人で魚を釣ることができない状態になる。でも、魚の釣り方を知っていれば、1人でも生きていける。そんな感じです。・・・分かりづらい例えですが。

日々学ぶことが多く、いち早くレベルアップしたい気持ちで取り組んでいます。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

プロになるためには、10000時間を費やすことが一つのマイルストーンである

ある分野に秀でているということは、その分野に費やした時間が他の人と比べて圧倒的に多く、費やした時間と能力は比例関係にあると思う。 例えば、サッカーが上手な人は、子供のころからサッカーに多くの時間を費や...

続きを見る

検索エンジンのロボットに惚れさせるために必要な3つの考え方

過去の自分のブログを読み返していて、「恥ずかしいっ!」って思う人は多いのではないでしょうか? そのときは、至って真面目に考えて書いているのにも関わらず、今読み返すと「何、こいつ変なこと書いてるの?」「...

続きを見る

『縦』の繋がりも大事だけど、『横』の繋がりもね!

学生時代と比べて社会人になると、利害関係なしで付き合える友人ができる機会が減ってしまったと感じる。 平日の大半が仕事の時間となり、休日は会社の人や大学時代の仲の良い友人にあって過ごすという人は多いと思...

続きを見る

時間とお金はどちらが大切か?という件について

時間とお金はどちらが大切なのだろうか?と、外を歩きながら考えてみた。 時間は裕福な人であろうが、貧しい人でも平等に1日24時間与えられている。一方、お金は平等のものではなく、多く所有している人もいれば...

続きを見る

豹は何を求めて頂上まで登ったのか?

アーネスト・ヘミングウェイの短編小説である『キリマンジャロの雪』の中の文章が印象的だったので紹介します。 標高5895mというアフリカ大陸最高峰の『キリマンジャロ』の山頂で、干からびて凍りついた一頭の...

続きを見る

オススメ記事

【格言】常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクション

『常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションである』by アインシュタイン。 子供の時に、よく親に『これは何?どうしてなの?なんで?』というように、なぜなぜ質問をした人は多いと思う。 その子供...

続きを見る

大企業とベンチャーはプールと海の違い

社長が朝会で言っていたことが、印象的だったので紹介します。 大企業は、環境や仕組みが整備された「プール」を泳ぐものとすれば、ベンチャーは、ゴールの見えない荒波の「海」を泳いでいくような毎日。ベンチャー...

続きを見る

(本)沢田 高士 「アダルトサイトの経済学」

  アダルトサイトの経済学 posted with ヨメレバ 沢田 高士 幻冬舎 2012-12-19 Amazon アダルトサイトの収益モデルや、アダルトアフィリエイトサイトの作り方、副業...

続きを見る

(本)為末大著『諦める力』勝てないのは努力が足りないからじゃない

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉 posted with ヨメレバ 為末 大 プレジデント社 2013-05-30 Amazon 400mハードルの選手である為末さんの著書『諦める...

続きを見る

希少性の高い記事はアクセス増加の起爆剤

WordPressでブログを始めて、半年以上が経ちました。最初は1日10アクセスくらいしかなく、全然だめやん!って思って、アクセス数はどうやったら上がるか、いろいろと悩んでいました。 最近は継続して記...

続きを見る