tikuson

価値の付加と孵化


目黒に引っ越しをしてから、目黒、中目黒、不動前、五反田、大崎あたりを自転車で行って、美味しい料理屋や落ち着けるカフェや面白い店を開拓しています。

夜不動前にあるK-POPの居酒屋を通った時に窓越しに店の中を見たんだけど、K-POPでノリノリの女性の店員がダンスをしていて、お客さんもとても楽しそうだった。ただの居酒屋だけでなく、そこに付加価値をつけることで、差別化していると感じた。

①露出量アップ
⇒他がやらないことをやるから目立ち、メディアに取り上げられる。

②来店数アップ
⇒ネタになるし、面白いから行ってみたいと思う人が増える。

③購買額アップ
⇒女性の店員が可愛いければお客の心理として購買額も自然とアップ。

④来店頻度アップ
⇒また来たい!と思わせられるような付加価値の提供。

⑤新規顧客獲得アップ
⇒既存の利用者のクチコミで広がり、友人を連れてくることで新規顧客GET。

既存の居酒屋に付加価値をつけて差別化することによって、他の居酒屋に比べて優位性を保つことができる.今あるもの対して、新しい切り口で付加価値を提供し、いかに他と差別化を図るか?消費者の視点に立って、どこに価値を感じてもらえるか?

そこをしっかりと考えて、価値の幅を広げることで、価値を孵化(創出)させてることが大事だと思った。

具体的にどんな価値を提供しているのか勉強するために、今度お店に行ってきたいと思います。

2012/02/26 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

【必見】語学学習者向けの相互添削型SNS「Lang-8」

英語や中国語などの海外の言語を学習している人にオススメのLang-8というWEBサービスがあったので紹介します。 相互添削型SNS「Lang-8」 Lang-8は言語学習者に向けた相互添削型SNSサー...

続きを見る

『パブロとブルーノの物語』にみるお金と時間の関係性

『パブロとブルーノの物語』を知っているでしょうか? パブロとブルーノは経済的自立を求めて、全く異なる道を歩みます。その結果がもたらす教訓を10分の動画で紹介しています。 まずはこちらをご覧ください。 ...

続きを見る

2013年の抱負について

          2013年がスタートしたので、今年をどんな年にしたいか書いてみます。 自己投資の年 今年で26歳になります。20代は数多くの失敗や...

続きを見る

自己実現の欲求と「何のために働くのか」ということについて

仕事とプライベートをはっきり分けて、バランスよく生活するという、ワークライフバランスの考えに疑問を感じています。 仕事とプライベートはトレードオフの関係ではないし、優先順位をつけて時間配分を調整して生...

続きを見る

本格的にブログを運営したい人はWordPressがオススメ!

AmebaブログからWordPressへ移行して3ヶ月程経ちましたが結論、もっと早くからWordPressでブログを作れば良かったと思いました。 AmebaブログやFC2ブログのように会社が運営するサ...

続きを見る

オススメ記事

【Storys.jp】人気ストーリーにみる5つの特徴

先日、Facebookのウォール上で、学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話という記事がシェアされていた。 内容をみると、偏差値30のギャ...

続きを見る

人はなぜプロセスに価値を感じるのか?

100%オレンジジュースはオレンジを絞ったら、できあがる。至極当然のことであるが、100%オレンジジュースという響きだけでは、価値を存分に感じないことがある。 オレンジが絞られてできたという当たり前の...

続きを見る

目標達成能力が高い人の3つの特徴

目標を達成する人と達成しない人の違いはなんだろうか?前者と後者の違いは、3つの能力の違いに出てくると考えます。 ▼目標を達成するために大切な3つの能力 ①達成したい目標を公言し人を巻き込む能力 中途半...

続きを見る

(本)検索上位を最速で実現させるWordPress SEOの極意

検索上位を最速で実現させるWordPress SEOの極意 posted with ヨメレバ 藤原 良輔 秀和システム 2013-03 Amazon 書店で気になったSEO本があったので早速購入してみ...

続きを見る

【本】好きなことだけやればいい

好きなことだけやればいい/KAGE ¥1,365 Amazon.co.jp 最近読んだ本で、面白かったのがあるので紹介します。 好きなことだけやればいいって本です。 著者は、プロレスラーになりたくて1...

続きを見る