tikuson

分母分子の関係

 

 

 

 

 

 

 

 

量をこなして質に転化させる法則と似ているけど、分母を広げることが大切だと感じる。成功している部分(分子)だけに着目するのではなく、その成功を支えてきた失敗の数々(分母)に目を向けること。

『あの人は何であんなに成功しているのだろう?』と、成功している光に着目して、背後にある影を見ようとしない。

分子を成果とするなら、分母はその成果を創り上げるプロセスだと思う。

会員を抱えるサービスであれば、分母が会員数にあたる。最初は、とにかく会員数を圧倒的に増やすことだけを専念し、母数が増えてきてから、その分母を活かして分子(成果)を追求していくことが大事だと思う。

中途半端な分母で成果を求めずに、まずは分母の幅を広げて分子に移せる要因を探し出し、ピックアップして少しずつ分子に繋げていくことが必要だと考える。

いきなり分子を増やそうとしても難しいので、まずは分母を増やして基盤を固め、分子に移すタイミングを見計らうこと。

いつかそのタイミングが来た時に、分母がしっかりとしていればスムーズに分子に移行できる。だから、愚直に分母を増やしていく作業が大切だと思う。

かなり抽象的な文章になってしまったのですが、分母と分子の関係を意識して物事を捉えたいと思う。

2012/06/06 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

【必見】語学学習者向けの相互添削型SNS「Lang-8」

英語や中国語などの海外の言語を学習している人にオススメのLang-8というWEBサービスがあったので紹介します。 相互添削型SNS「Lang-8」 Lang-8は言語学習者に向けた相互添削型SNSサー...

続きを見る

『パブロとブルーノの物語』にみるお金と時間の関係性

『パブロとブルーノの物語』を知っているでしょうか? パブロとブルーノは経済的自立を求めて、全く異なる道を歩みます。その結果がもたらす教訓を10分の動画で紹介しています。 まずはこちらをご覧ください。 ...

続きを見る

2013年の抱負について

          2013年がスタートしたので、今年をどんな年にしたいか書いてみます。 自己投資の年 今年で26歳になります。20代は数多くの失敗や...

続きを見る

自己実現の欲求と「何のために働くのか」ということについて

仕事とプライベートをはっきり分けて、バランスよく生活するという、ワークライフバランスの考えに疑問を感じています。 仕事とプライベートはトレードオフの関係ではないし、優先順位をつけて時間配分を調整して生...

続きを見る

本格的にブログを運営したい人はWordPressがオススメ!

AmebaブログからWordPressへ移行して3ヶ月程経ちましたが結論、もっと早くからWordPressでブログを作れば良かったと思いました。 AmebaブログやFC2ブログのように会社が運営するサ...

続きを見る

オススメ記事

人はなぜプロセスに価値を感じるのか?

100%オレンジジュースはオレンジを絞ったら、できあがる。至極当然のことであるが、100%オレンジジュースという響きだけでは、価値を存分に感じないことがある。 オレンジが絞られてできたという当たり前の...

続きを見る

日本版「The Huffington Post(ハフィントンポスト)」の魅力とBLOGOSとの違い

ビルゲイツがTwitterで発信した最初のつぶやき「HELLOW, WORLD」風に「HELLOW, NIPPON」として日本に上陸したのは、アメリカ最大級の規模を誇るソーシャルニュースメディア、『T...

続きを見る

引っ越しが趣味になった顛末

家族が転勤族だったこともあり、生まれてから26年経ちますが、かれこれ15回くらいは引っ越しをしています。ここまで引っ越しを繰り返すと、逆に『俺は引っ越し王になる!』という目標すら掲げたくなるレベルです...

続きを見る

多様化するクラウドファンディングサービス

READY FOR?やCampfireといったクラウドファンディングサービスが登場して、最近注目を集めています。 カンボジアの学校建設プロジェクトや伝統工芸を守るための地方活性化プロジェクトなど様々な...

続きを見る

ビジネス英語はTED(テッド)から学べ!最強の英語学習教材になり得るか?

ビジネス英語を学びたいと思って、海外ドラマを見ている人は多いのではないか。海外ドラマでありがちなことは、Son of a bitch!(クソッタレ)とかGet out of my face!(オレの前...

続きを見る