tikuson

行動格差社会

 

 

 

 

 

 

これからの時代は、受身の姿勢だけでは生き残れないサバイバル時代が到来すると思う。その中で、いかに主体的にアクションを起こせるか?ここが重要なポイントだと思う。

情報格差社会 ⇒⇒⇒ 行動格差社会
大量の情報シャワーを浴びながら、良質な情報のみを取捨選択する能力はもちろん、その選択した情報をインプットした後にアウトプットすることが大事。インプットした情報をもとに、自分で考え行動を起こすこと。インプットで終わる人と、その後行動に落とし込む人とでは、大きな差が生じると思う。

行動を起こすためには、当事者意識行動モチベーションの2つが重要だと思う。インプットした情報を自身と関連付けること(当事者意識)。そして、その関連付けた情報を行動に起こす動機づけをすること。

動機づけの方法は2種類ある。
①内発的動機づけ:興味、関心によってもたらされる
②外発的動機づけ:賞罰などによってもたらされる

好奇心から行動しても良いし(内発的動機づけ)、行動した結果、なんらかのインセンティブを自分に与えても良い。(外発的動機づけ)

自身と関連付けて、上記方法により行動モチベーションを高める。
そうすることで、圧倒的な行動量を生むことができ、行動することによって、新しい知識を得ることができると考える。行動量が増えれば、それによって質の高いインプットがさらに生まれ、インプットからさらに行動するという好循環が生まれる。

上記を意識して、圧倒的に行動を起こせる人を目指したい。

2012/06/11 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

【必見】語学学習者向けの相互添削型SNS「Lang-8」

英語や中国語などの海外の言語を学習している人にオススメのLang-8というWEBサービスがあったので紹介します。 相互添削型SNS「Lang-8」 Lang-8は言語学習者に向けた相互添削型SNSサー...

続きを見る

『パブロとブルーノの物語』にみるお金と時間の関係性

『パブロとブルーノの物語』を知っているでしょうか? パブロとブルーノは経済的自立を求めて、全く異なる道を歩みます。その結果がもたらす教訓を10分の動画で紹介しています。 まずはこちらをご覧ください。 ...

続きを見る

2013年の抱負について

          2013年がスタートしたので、今年をどんな年にしたいか書いてみます。 自己投資の年 今年で26歳になります。20代は数多くの失敗や...

続きを見る

自己実現の欲求と「何のために働くのか」ということについて

仕事とプライベートをはっきり分けて、バランスよく生活するという、ワークライフバランスの考えに疑問を感じています。 仕事とプライベートはトレードオフの関係ではないし、優先順位をつけて時間配分を調整して生...

続きを見る

本格的にブログを運営したい人はWordPressがオススメ!

AmebaブログからWordPressへ移行して3ヶ月程経ちましたが結論、もっと早くからWordPressでブログを作れば良かったと思いました。 AmebaブログやFC2ブログのように会社が運営するサ...

続きを見る

オススメ記事

【SEO】なぜGoogleは人間化するのか?

最近、Googleは検索エンジンのアップデートによって、ユーザーにとって本当に役に立つサイトを上位に表示させようと頻繁に動いています。パンダやペンギンのアップデート後、圏外に飛んでしまったサイトや、ス...

続きを見る

【保存版】アフィリエイトで稼げる人の特徴まとめ

誰しもが一度は『アフィリエイトってぶっちゃけ稼げるの?』って思ったことがあると思います。この質問に対して、『ガンガン稼げる人もいるし、全く稼げない人もいる』という答えが正解です。当たり前だろってツッコ...

続きを見る

ビジネス英語はTED(テッド)から学べ!最強の英語学習教材になり得るか?

ビジネス英語を学びたいと思って、海外ドラマを見ている人は多いのではないか。海外ドラマでありがちなことは、Son of a bitch!(クソッタレ)とかGet out of my face!(オレの前...

続きを見る

【捗る?】ホッテントリメーカーでブログタイトルを面白くつける方法

ブログを書いている人なら誰しもが一度は悩んだことがある、『タイトル』の付け方。タイトルはブログの内容を一言で表すキャッチコピーであり、タイトルが魅力的であれば、ブログを読まれる可能性が高まります。 &...

続きを見る

会社を船に例えると・・・

就職活動をしている時に、名の知れた大手企業に入りたい!って思う人は少なくないと思う。一方、ベンチャー企業で会社の成長と自身の成長をリンクさせて、若いうちから裁量権のある仕事をしたい!って思う人も少なか...

続きを見る