tikuson

【フリーランス育成講座】デジタルハリウッド×面白法人カヤック

私がGoogleリーダーで購読しているブログの中で、お気に入りのイケダハヤトさんのブログの中で紹介されていた記事が面白かったので紹介します。

専門学校のデジタルハリウッドと、面白法人カヤックがコラボして、フリーランス育成プログラム』を開始するという内容である。

単なる講座ではなく、カヤックでの実務経験もでき、さらにフリーランスを支援する「2年間の収入保障制度」があり、まさにフリーランスになるための育成講座である。

フリーランスになりたいけど、なかなか一歩を踏み出せない理由の一つとして、経済的自立が挙げられると思う。収入が不安定になるので、収入がゼロになる可能性もある。

また、自身の商品価値がなく、これといった武器がない場合、独立して経済的に自立することは難しいと思う。

これらのネックを事前に防ぐためのカリキュラムや制度があるので、本気でフリーランスを考えている人にオススメのプログラムだと思う。ただし、入学金もかかるので、金銭的にすぐには難しい人も出てくると思う。

いずれにしろ、最近はフリーエージェントになるための環境が整ってきて、WEB上で仕事を受注できたり、コワーキングスペースでチームを組んで仕事をするなど、色々なサービスがある。

働き方の多様化、働く人の価値観の変化などにより、今後もフリーエージェントが増加する傾向にあると思うし、個人で活躍する人が増えることは面白いことだと思う。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

【本】フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜

Amazonの評価が高く、気になっていた本を購入して、あっとうい間に読み終えてしまいました。説得力のある事例をもとに、フリーエージェントで働く人の実体が明らかにされていて、内容が非常に共感できたので紹...

続きを見る

クラウドソーシングの台頭〜ITスキルの向上と可視化が必要不可欠〜

クラウドソーシングという言葉を聞いたことがありますか? クラウドソーシング(crowdsourcing)とは、群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、不特定多数の一般の人...

続きを見る

働き方の多様性から生まれるフリーランスやノマドワーカーという生き方

Coffeeshop Prop Humor No. 1 / Pen Waggener フリーランスやノマドワーカーという言葉が、今年に入って急に広まり、ブログや書店で触れる機会が多くなった。 最初は、...

続きを見る

【カフェ】フリーランスの職場?

                フリーランスは組織に所属していないので、会社ではなく自宅やカフェで仕事をする人は多いと思...

続きを見る

TSUTABA(ツタバ)を有効的に使うこと

TSUTABA(ツタバ)を知らない人は意外にも多い。TSUTABA(ツタバ)は、TSUTAYAとスターバックスが併設されている店のことを指し、週末によく行くオススメの場所である。 TSUTABAの良い...

続きを見る

オススメ記事

【Storys.jp】人気ストーリーにみる5つの特徴

先日、Facebookのウォール上で、学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話という記事がシェアされていた。 内容をみると、偏差値30のギャ...

続きを見る

起業家精神の重要さ

            アントレプレナーシップ(entrepreneurship)は、起業家精神とも言われ、下記のような定義となっている。 ...

続きを見る

『百文は一見にしかず』ハートに響く広告について

ハッとする広告に出会う時があります。説明がない広告でも、その広告のメッセージが直感的にわかります。 『百聞は一見にしかず』ということわざがあるように、人から何回も聞くよりも自分の目で確かめた方がよくわ...

続きを見る

倍返しからのしっぺ返し?半沢直樹の出向理由と最終回視聴率がヤバい件

日曜日の夜は『半沢直樹』がデフォルトになってきた今日このごろ、遂に最終回が放送されました。最終回放送の1時間前に先週放送された前話をみて、おさらいをするという入念な準備のもと「さぁ、こい!」と構えてい...

続きを見る

NPOカタリバに参加して気づいたこと

金曜日に参加した、NPOカタリバについて書きます!NPOカタリバって、そもそもなんじゃいって言うと、以下。 高校と連携し、生徒と先輩のナナメの関係によるキャリア教育プログラム。ナナメの関係で誰かにあこ...

続きを見る