tikuson

【必見】ウィジェット型CM動画配信サービス『manna マナ』

今年の2月にテレビを捨てて、その時間分を読書やネットに充てていたが、やはりテレビを見たいと思うときがある。

特に私はインターネットとはいえ、広告代理店で働いているので、どの企業がCMを流しているのかという点や、その日に起きたニュースをチェックしたいとよく思う。

新聞やネットから情報を得ることはできるが、簡単に1日のニュースを動画で振り返りたいと思っていて、見つけたのがmanna (マナ)である。

ウィジェット型CM動画配信サービスで、起動させるとデスクトップ上に現れて、企業のCMやニュースを見ることができるのである。他にも色々サービスがあるが、ユーザは無料で使用することができる。

CMを見ることで、少量のポイントが貯まり、ポイントを現金化したり、Amazonギフト券と交換することができる。

テレビを持っていない人でも、1日のニュースがまとまって視聴できるので、手軽に情報を収集できて便利である。

現在は、テレビのドラマやお笑い番組など、無料の動画サイトで見ることができるし、そもそもテレビのコンテンツ自体がオワコン化(終わったコンテンツ化)している傾向にあると感じる。

若年層のテレビ離れが進み、それに合わせてこのようなサービスが普及することによって、ますますテレビピンチ状態になると思う。

とはいえ、テレビの持つ影響力は未だに大きく、これからも重要な役割を担い続けると思う。

テレビは受動的に見てしまう媒体で、気づいたらあっという間に時間が過ぎていたと感じる人は多いと思う。だから、テレビのスイッチをとりあえず入れるのではなく、目的を持って関わっていくことが大切だと感じた。

2012/07/15 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

【必見】語学学習者向けの相互添削型SNS「Lang-8」

英語や中国語などの海外の言語を学習している人にオススメのLang-8というWEBサービスがあったので紹介します。 相互添削型SNS「Lang-8」 Lang-8は言語学習者に向けた相互添削型SNSサー...

続きを見る

『パブロとブルーノの物語』にみるお金と時間の関係性

『パブロとブルーノの物語』を知っているでしょうか? パブロとブルーノは経済的自立を求めて、全く異なる道を歩みます。その結果がもたらす教訓を10分の動画で紹介しています。 まずはこちらをご覧ください。 ...

続きを見る

2013年の抱負について

          2013年がスタートしたので、今年をどんな年にしたいか書いてみます。 自己投資の年 今年で26歳になります。20代は数多くの失敗や...

続きを見る

自己実現の欲求と「何のために働くのか」ということについて

仕事とプライベートをはっきり分けて、バランスよく生活するという、ワークライフバランスの考えに疑問を感じています。 仕事とプライベートはトレードオフの関係ではないし、優先順位をつけて時間配分を調整して生...

続きを見る

本格的にブログを運営したい人はWordPressがオススメ!

AmebaブログからWordPressへ移行して3ヶ月程経ちましたが結論、もっと早くからWordPressでブログを作れば良かったと思いました。 AmebaブログやFC2ブログのように会社が運営するサ...

続きを見る

オススメ記事

【本】ユダヤ人大富豪の教え

ユダヤ人大富豪の教えを読みました。 最高にいい本でした!オススメ度MAXですわ。 読む前は、堅苦しい本なんだろーなぁーって思ってたのですが、 実際は、読みやすく、対話形式で進むので、気付いたら一気に読...

続きを見る

市場価値よりも希少価値高く

            会社の売り上げの8割は2割のクライアントで成り立っていて、その2割のクライアントとの取引がなくなると売上がガタンと急...

続きを見る

生産性×三平方の定理=√

表面上うまくやるだけでなく、本質を分かるまで考えて、 できない⇒できるまでやり抜く もっと効率的にこなし、成果をあげる為には、与えられた仕事をただこなすだけでなく、頭を使って、創意工夫し、生産性を上げ...

続きを見る

引っ越しが趣味になった顛末

家族が転勤族だったこともあり、生まれてから26年経ちますが、かれこれ15回くらいは引っ越しをしています。ここまで引っ越しを繰り返すと、逆に『俺は引っ越し王になる!』という目標すら掲げたくなるレベルです...

続きを見る

【書感】スタバで読んだ5つの本

夜9時くらいから、久しぶりにスタバに本を読みに行きました。このスタバは、マイフェイバリット・スタバで、他のスタバとは一線を画しています。 なぜなら、TSUTAYAと合体していて、スタバでくつろぎながら...

続きを見る