tikuson

豹は何を求めて頂上まで登ったのか?

アーネスト・ヘミングウェイの短編小説である『キリマンジャロの雪』の中の文章が印象的だったので紹介します。

標高5895mというアフリカ大陸最高峰の『キリマンジャロ』の山頂で、干からびて凍りついた一頭の豹の亡骸が横たわっていた。その豹が何を求めて頂上まで登ったのかは、いままで誰も説明したものがいない。

なぜ豹は頂上まで登ったのか?ということを考えた時に、正直ゾクッとした。

豹はなぜ孤独に耐え、死を覚悟してまで山頂を目指したのか。山頂には何かがあると思っていたのか、もしくは何もないかもしれないと気付いていたのだろうか。

何があるか分からない先行き不透明な状況下で、自身の足で歩を進め、頂上まで登り切るという点が印象的であると思うし、勇気を持って果敢に追求する姿勢が感じられる。

実際にこの豹が何を求めて登ったのかは、豹にしか分からない。ただ、孤独で辛く厳しい道のりをあきらめずに、自身の信念を貫き、頂上まで登り切ったという点に、どこかしらロマンを感じてしまう。

人間に飼われている従順な羊や牛のように、毎日エサをもらってのんびりと暮らしていれば、早死にすることはないのに、豹はどうして山頂に登ったのだろうか。

普通に考えれば、狂気の沙汰だと思うかもしれないけれど、この豹のような存在にどこか憧れを抱いてしまうのは、私だけではないと思ってしまう今日この頃です。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

プロになるためには、10000時間を費やすことが一つのマイルストーンである

ある分野に秀でているということは、その分野に費やした時間が他の人と比べて圧倒的に多く、費やした時間と能力は比例関係にあると思う。 例えば、サッカーが上手な人は、子供のころからサッカーに多くの時間を費や...

続きを見る

検索エンジンのロボットに惚れさせるために必要な3つの考え方

過去の自分のブログを読み返していて、「恥ずかしいっ!」って思う人は多いのではないでしょうか? そのときは、至って真面目に考えて書いているのにも関わらず、今読み返すと「何、こいつ変なこと書いてるの?」「...

続きを見る

『縦』の繋がりも大事だけど、『横』の繋がりもね!

学生時代と比べて社会人になると、利害関係なしで付き合える友人ができる機会が減ってしまったと感じる。 平日の大半が仕事の時間となり、休日は会社の人や大学時代の仲の良い友人にあって過ごすという人は多いと思...

続きを見る

時間とお金はどちらが大切か?という件について

時間とお金はどちらが大切なのだろうか?と、外を歩きながら考えてみた。 時間は裕福な人であろうが、貧しい人でも平等に1日24時間与えられている。一方、お金は平等のものではなく、多く所有している人もいれば...

続きを見る

価値のモノサシは人それぞれである

この絵はスペインの画家ジョアン・ミロが描いた「青い星」という作品である。オークションで約29億2000万円で落札されている。 正直、このくらいの絵であれば幼稚園児も描けるのでは?と疑ってしまうレベルで...

続きを見る

オススメ記事

時間とお金はどちらが大切か?という件について

時間とお金はどちらが大切なのだろうか?と、外を歩きながら考えてみた。 時間は裕福な人であろうが、貧しい人でも平等に1日24時間与えられている。一方、お金は平等のものではなく、多く所有している人もいれば...

続きを見る

スラムダンク勝利学

夜中にスタバに行って、本をたくさん読むことが最近の趣味です♪ 私の行くスタバは、ツタヤと合体しているので、コーヒーを飲みながら 好きな本を選んで、読めるという最高の環境が整っています! 横浜みなとみら...

続きを見る

【捗る?】ホッテントリメーカーでブログタイトルを面白くつける方法

ブログを書いている人なら誰しもが一度は悩んだことがある、『タイトル』の付け方。タイトルはブログの内容を一言で表すキャッチコピーであり、タイトルが魅力的であれば、ブログを読まれる可能性が高まります。 &...

続きを見る

プロになるためには、10000時間を費やすことが一つのマイルストーンである

ある分野に秀でているということは、その分野に費やした時間が他の人と比べて圧倒的に多く、費やした時間と能力は比例関係にあると思う。 例えば、サッカーが上手な人は、子供のころからサッカーに多くの時間を費や...

続きを見る

大企業とベンチャーはプールと海の違い

社長が朝会で言っていたことが、印象的だったので紹介します。 大企業は、環境や仕組みが整備された「プール」を泳ぐものとすれば、ベンチャーは、ゴールの見えない荒波の「海」を泳いでいくような毎日。ベンチャー...

続きを見る