tikuson

『縦』の繋がりも大事だけど、『横』の繋がりもね!


学生時代と比べて社会人になると、利害関係なしで付き合える友人ができる機会が減ってしまったと感じる。

平日の大半が仕事の時間となり、休日は会社の人や大学時代の仲の良い友人にあって過ごすという人は多いと思う。

会社で上司や同期、後輩と一緒に仕事をする時間が増えると、その組織の『縦』の関係の繋がりが強まり、深く根付いていくと思う。

ただ、その会社内にある縦の関係のネットワークだけでは危険だと思う。その会社で働いている人は、その会社のビジョンに共感した人であったり、社風に合う人が集まっている傾向にあるため、その環境に長くいればいるほど環境に適応してしまい、均質化してしまう可能性がある。

社内だけの『縦』の関係だけではなく、社外の『横』の関係が重要だと思う。異業種で働く人や、全く異なる社風や環境のもとで働いている人と積極的に交流することで、視野を広げるきっかけになると思うし、新しい分野の知識に触れることができる。

最近では、社外の人と交流しやすい環境があると思っていて、例えばCoffeeMeetingしかり、ソーシャルランチしかり。

縦の1本だけのひもよりも、蜘蛛の糸のような横に張り巡らせた繊維でゆるく繋がることがこれからの時代に必要となってくると思う。

横の繋がりを持つことによって、新しい機会に出会う確率が高まると思うし、単純に色々な人と関わるのは楽しいと思う。

また同じ年齢の人だけでなく、一回りや二回りも違う人と接することで、新しい気付きを得られると思う。

多様な価値観を受け入れる柔軟な姿勢をもつことが大切だし、相手と自分との間にある違和感(ギャップ)に気付くことが、価値観を広げるきっかけになると思う。

違和感(ギャップ)を排他するのではなく、楽しむことができれば、人として魅力的になれると思う。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

プロになるためには、10000時間を費やすことが一つのマイルストーンである

ある分野に秀でているということは、その分野に費やした時間が他の人と比べて圧倒的に多く、費やした時間と能力は比例関係にあると思う。 例えば、サッカーが上手な人は、子供のころからサッカーに多くの時間を費や...

続きを見る

検索エンジンのロボットに惚れさせるために必要な3つの考え方

過去の自分のブログを読み返していて、「恥ずかしいっ!」って思う人は多いのではないでしょうか? そのときは、至って真面目に考えて書いているのにも関わらず、今読み返すと「何、こいつ変なこと書いてるの?」「...

続きを見る

時間とお金はどちらが大切か?という件について

時間とお金はどちらが大切なのだろうか?と、外を歩きながら考えてみた。 時間は裕福な人であろうが、貧しい人でも平等に1日24時間与えられている。一方、お金は平等のものではなく、多く所有している人もいれば...

続きを見る

豹は何を求めて頂上まで登ったのか?

アーネスト・ヘミングウェイの短編小説である『キリマンジャロの雪』の中の文章が印象的だったので紹介します。 標高5895mというアフリカ大陸最高峰の『キリマンジャロ』の山頂で、干からびて凍りついた一頭の...

続きを見る

価値のモノサシは人それぞれである

この絵はスペインの画家ジョアン・ミロが描いた「青い星」という作品である。オークションで約29億2000万円で落札されている。 正直、このくらいの絵であれば幼稚園児も描けるのでは?と疑ってしまうレベルで...

続きを見る

オススメ記事

ソーシャルメディア時代のブログ価値

the business socialmedia map / smartfeeling               mixiやTw...

続きを見る

色々悩んだ結果、iMacを購入しました。

今年の4月にMacbook Airを購入し、Windows歴8年の私がMacユーザの一員になりました。最初は、commandキーでなんだ?って思って、慣れるまで少し時間がかかったけど、今でもはMac最...

続きを見る

社会海論

            【社会海論】 社会は海に似ていると思っていて、絶えず変化して、流れが急に変わったり、おだやかな状態でも、一瞬にして荒...

続きを見る

行動格差社会

            これからの時代は、受身の姿勢だけでは生き残れないサバイバル時代が到来すると思う。その中で、いかに主体的にアクションを...

続きを見る

希少性の高い記事はアクセス増加の起爆剤

WordPressでブログを始めて、半年以上が経ちました。最初は1日10アクセスくらいしかなく、全然だめやん!って思って、アクセス数はどうやったら上がるか、いろいろと悩んでいました。 最近は継続して記...

続きを見る