tikuson

検索エンジンのロボットに惚れさせるために必要な3つの考え方

Robot
過去の自分のブログを読み返していて、「恥ずかしいっ!」って思う人は多いのではないでしょうか?

そのときは、至って真面目に考えて書いているのにも関わらず、今読み返すと「何、こいつ変なこと書いてるの?」「自分に酔ってる自己満足ブログやないかい!」ってツッコミを入れたくなるほどである。

まるで検索エンジンをゴミ処理場かなにかと勘違いしていて、検索エンジンに失礼だと感じざるを得ないブログを書いて、放出していたと感じることすらある。

ブログを書く目的は人それぞれであるし、自分自身の為に書いている人もいれば、誰かの役に立ちたいと思って書いている人もいる。

【ブログを書く主な目的】

  1. 日々の日記を書いて、人生を記録をするためのブログ
  2. 学びをアウトプットするためのブログ
  3. 自身の意見を世の中に発信するためのブログ
  4. ブログ仲間やコミュニティを形成するためのブログ
  5. アフィリエイトなどの広告収入を目的としたブログ など

ブログを書く目的は多様である。

ブログを継続して更新する人なら「色んな人に読んでもらいたい」「自身の考えに共感して反応してもらいたい」と考える人は多いと思う。
ただ、闇雲にアクセスアップを狙って記事を量産してはいけない。さっきも言ったように、検索エンジンはゴミ箱ではないのである。

検索エンジンは、検索するユーザに対して、いかに有益な情報を与えられるか?という考えのもと、上位に表示させているので、ゴミみたいな記事は正直必要ない。

検索エンジンのロボットが、有益な情報をユーザに届けられずにいると、その検索エンジンからユーザが離れてしまい、誰も使ってもらえなくなるとロボットは考える。

そうならない為に、ロボットはいかにユーザに有益な情報を届けられるか考え、日々動き回っている。

検索エンジンのロボットは日々、膨大なデータを処理しているので、ゴミみたいな記事を相手にすると、『正直しんどいんですわぁ〜』っていう感じで、眼中にないと言わんばかりに、あっけなくそっぽを向かれてしまう。

では、そのロボットに振り向いてもらうためにはどうすれば良いだろうか?それは、希少性の高い記事を書くことだと思う。

他の誰も書いていないような記事を書くことで、より上位に表示させてくれる。誰も書いていないような記事とは一体どんな記事だろうか?

それは、3つの考えがある。

  1. 世に広まっていない、もしくは世に広まったばかりの事柄についての記事
  2. 既存の事柄に対して、他社にない斬新な切り口をもって書いてある記事
  3. ニッチだけど、検索してくるユーザに対してピンポイントで刺さる記事

世間一般のありふれた内容の記事では、多くの記事の中に埋もれてしまい、なかなか検索しても上位に表示されない傾向にある。

上記3点を意識して記事を書くことで、より検索エンジンのロボットを振り向かせることができると思う。つまり惚れさせることができるのである。

ここまで書いて思ったけど、このブログ自体、あとで振り返ったら『恥ずかしい』って思うに違いない・・・

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

プロになるためには、10000時間を費やすことが一つのマイルストーンである

ある分野に秀でているということは、その分野に費やした時間が他の人と比べて圧倒的に多く、費やした時間と能力は比例関係にあると思う。 例えば、サッカーが上手な人は、子供のころからサッカーに多くの時間を費や...

続きを見る

『縦』の繋がりも大事だけど、『横』の繋がりもね!

学生時代と比べて社会人になると、利害関係なしで付き合える友人ができる機会が減ってしまったと感じる。 平日の大半が仕事の時間となり、休日は会社の人や大学時代の仲の良い友人にあって過ごすという人は多いと思...

続きを見る

時間とお金はどちらが大切か?という件について

時間とお金はどちらが大切なのだろうか?と、外を歩きながら考えてみた。 時間は裕福な人であろうが、貧しい人でも平等に1日24時間与えられている。一方、お金は平等のものではなく、多く所有している人もいれば...

続きを見る

豹は何を求めて頂上まで登ったのか?

アーネスト・ヘミングウェイの短編小説である『キリマンジャロの雪』の中の文章が印象的だったので紹介します。 標高5895mというアフリカ大陸最高峰の『キリマンジャロ』の山頂で、干からびて凍りついた一頭の...

続きを見る

価値のモノサシは人それぞれである

この絵はスペインの画家ジョアン・ミロが描いた「青い星」という作品である。オークションで約29億2000万円で落札されている。 正直、このくらいの絵であれば幼稚園児も描けるのでは?と疑ってしまうレベルで...

続きを見る

オススメ記事

【ニュース】100万円が4年で300億円ビジネスに。アフリカで大成功した若き日本人

今日、Facebookで多くの人にシェアされていたニュースがある。それは、30歳そこそこの青年実業家が、アフリカでビジネスを手がけ、100万円を4年で300億円ビジネスにしたという内容だ。 この記事を...

続きを見る

行動格差社会

            これからの時代は、受身の姿勢だけでは生き残れないサバイバル時代が到来すると思う。その中で、いかに主体的にアクションを...

続きを見る

分母分子の関係

                量をこなして質に転化させる法則と似ているけど、分母を広げることが大切だと感じる。成功して...

続きを見る

【カフェ】フリーランスの職場?

                フリーランスは組織に所属していないので、会社ではなく自宅やカフェで仕事をする人は多いと思...

続きを見る

大学4年 インターンに挑戦日記

社会人になったら、大学や年齢は違えど、 全員同じスタートラインに立ち、新たな一歩を踏み出すと思います。 でも、同じスタートラインでも、それまでに蓄積された経験や知識の差、 能力や個性の違い等で、スター...

続きを見る