tikuson

【本】『自分の中に毒を持て』ーあなたは”常識人間”を捨てられるかー

2012/08/04 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

2012年に読んだ一読の価値ある本〜BEST3〜

2012年に読んだ中で絶対に読んだ方がよい!と思ったオススメの本を紹介します。 Best 3 フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜  フリーエージェントとは、「インター...

続きを見る

【本】マイクロソフトでは出会えなかった天職 〜僕はこうして社会起業家になった〜

たまたまブックオフで見つけて、Amazonのレビュー評価が非常に高かったので読んでみましたが、鳥肌が立つくらい感動した一冊でしたので紹介します。 著者のジョン・ウッドはマイクロソフトに勤務していたが、...

続きを見る

【漫画】必見!社会人版のドラゴン桜『エンゼルバンク』

『ドラゴン桜』という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。 元暴走族の弁護士が落ちこぼれ高校の生徒の受験を指導し、東大に合格させるストーリーです。 漫画だけでなく、テレビドラマ化して人気を呼ぶ作品...

続きを見る

【本】リブセンス -生きる意味- 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事 史上最年少で上場記録を塗り替えたリブセンス社長の村上太一さんの起業ストーリーが描かれた一冊です。 史上最年少...

続きを見る

【本】フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜

Amazonの評価が高く、気になっていた本を購入して、あっとうい間に読み終えてしまいました。説得力のある事例をもとに、フリーエージェントで働く人の実体が明らかにされていて、内容が非常に共感できたので紹...

続きを見る

オススメ記事

社会人になってから学んだ3つの心得

                社会人になって、仕事をしていく上で、自分には、かなり足りないって思うところが多々あって、...

続きを見る

『縦』の繋がりも大事だけど、『横』の繋がりもね!

学生時代と比べて社会人になると、利害関係なしで付き合える友人ができる機会が減ってしまったと感じる。 平日の大半が仕事の時間となり、休日は会社の人や大学時代の仲の良い友人にあって過ごすという人は多いと思...

続きを見る

シェアハウスの台頭

最近、シェアハウスに住む友人が多くなってきたと感じる。シェアハウスに住むメリットとしては、比較的低コストで住むことができ、また一緒に住むメンバーと意見やアイディアを交換することができるので、ビジネスに...

続きを見る

引っ越しが趣味になった顛末

家族が転勤族だったこともあり、生まれてから26年経ちますが、かれこれ15回くらいは引っ越しをしています。ここまで引っ越しを繰り返すと、逆に『俺は引っ越し王になる!』という目標すら掲げたくなるレベルです...

続きを見る

『進撃の巨人』が現代社会を投影している理由〜家畜と社畜の類似点〜

『進撃の巨人』を野球マンガと勘違いした人は多いでしょう。実際は、巨人は巨人でも大型な人間という意味の巨人であり、野球は一切でてきません(笑)。『進撃の巨人』については先日ブログで書きましたので、こちら...

続きを見る