tikuson

【心温まる動画】Free Hugs for Korea-Japan Peace (日本人が韓国でフリーハグをしてみた)

たまたま見つけた『Free Hugs for Korea-Japan Peace (日本人が韓国でフリーハグをしてみた)』という動画がすばらしく、とても心が温まりました。

ひとりでも多くの人に見て頂きたいと思ったので、ブログに掲載させて頂きます。よろしければ拡散して頂けるとうれしいです。

YouTube Preview Image

世界一周の教育実習~シルクロード自転車横断10000キロ編~より引用)

 

日韓で竹島の領有権問題の争いのニュースが毎日流れており、マスメディアから一般家庭へ浸透しています。テレビのニュースは争いや事件などのような、ネガティブな情報を多く流す傾向にあり、ポジティブで心温まるニュースに触れる機会が少ないと感じでいます。(半年前にテレビは捨てているんですが笑)

この動画ではひとりの青年が、”Free Hugs for Korea-Japan Peace”を路上で掲げ、韓国人とハグをしています。

公園のシーンでは、青年をよく思わない人が突き飛ばしています。でも、その後少女が歩み寄ってくるシーンがあります。

日本と韓国は距離も近いし、見た目もほとんど変わらない。たしかに、歴史的問題や、その国で受けてきた教育の違いにより、ぶつかり合うこともあると思います。

でも、ぶつかり合うでなく、お互いが歩み寄っていく姿勢が大切なのではないでしょうか。そんなことを感じさせられた、心温まる動画でした。

2012/08/19 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

【必見】語学学習者向けの相互添削型SNS「Lang-8」

英語や中国語などの海外の言語を学習している人にオススメのLang-8というWEBサービスがあったので紹介します。 相互添削型SNS「Lang-8」 Lang-8は言語学習者に向けた相互添削型SNSサー...

続きを見る

『パブロとブルーノの物語』にみるお金と時間の関係性

『パブロとブルーノの物語』を知っているでしょうか? パブロとブルーノは経済的自立を求めて、全く異なる道を歩みます。その結果がもたらす教訓を10分の動画で紹介しています。 まずはこちらをご覧ください。 ...

続きを見る

2013年の抱負について

          2013年がスタートしたので、今年をどんな年にしたいか書いてみます。 自己投資の年 今年で26歳になります。20代は数多くの失敗や...

続きを見る

自己実現の欲求と「何のために働くのか」ということについて

仕事とプライベートをはっきり分けて、バランスよく生活するという、ワークライフバランスの考えに疑問を感じています。 仕事とプライベートはトレードオフの関係ではないし、優先順位をつけて時間配分を調整して生...

続きを見る

本格的にブログを運営したい人はWordPressがオススメ!

AmebaブログからWordPressへ移行して3ヶ月程経ちましたが結論、もっと早くからWordPressでブログを作れば良かったと思いました。 AmebaブログやFC2ブログのように会社が運営するサ...

続きを見る

オススメ記事

社畜化するサラリーマンがいち早くビジネスマンになるべき理由

  snooze / istolethetv   サラリーマンと言われると、なぜか腹が立つ。会社員であれば、みんなサラリーマンであり、サラリー(給料)をもらって働いている。 &nb...

続きを見る

顔面広告と絶対領域広告にみる広告スペースの価値

広告とは、より露出され目立つところに掲載し、ブランディングや認知度アップ、商品販促の促進を図るなどの目的のために出稿するものである。 つまり、多くの人に見られるところに広告スペースとしての価値が生まれ...

続きを見る

NPOカタリバに参加して気づいたこと

金曜日に参加した、NPOカタリバについて書きます!NPOカタリバって、そもそもなんじゃいって言うと、以下。 高校と連携し、生徒と先輩のナナメの関係によるキャリア教育プログラム。ナナメの関係で誰かにあこ...

続きを見る

社会海論

            【社会海論】 社会は海に似ていると思っていて、絶えず変化して、流れが急に変わったり、おだやかな状態でも、一瞬にして荒...

続きを見る

死ぬ直前の『後悔』TOP5

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 《TOP5》  ①自分自身に忠実に生きておけば良かった 人生を...

続きを見る