tikuson

『百文は一見にしかず』ハートに響く広告について

ハッとする広告に出会う時があります。説明がない広告でも、その広告のメッセージが直感的にわかります。

『百聞は一見にしかず』ということわざがあるように、人から何回も聞くよりも自分の目で確かめた方がよくわかるものです。

広告も同様に『百文は一見にしかず』だと思います。いくらタバコは有害であると文章を読んでも、ピンとこない人は多いと思います。

その場合は、文章ではなく視覚に訴えることでインパクトを与え、ダイレクトにメッセージを伝えることができると思います。広告や写真はその力を秘めていると思います。

これは幸福を追求して色々悩み、複雑に考え迷ってしまうが、実際はシンプルなものであるということを表現しています。

ゴチャゴチャした広告よりも、コンパクトにインパクトを与える広告がハッと感じるし、ハートに響くものだと思います。

2012/08/22 | 広告

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

顔面広告と絶対領域広告にみる広告スペースの価値

広告とは、より露出され目立つところに掲載し、ブランディングや認知度アップ、商品販促の促進を図るなどの目的のために出稿するものである。 つまり、多くの人に見られるところに広告スペースとしての価値が生まれ...

続きを見る

オススメ記事

【感想】A8フェスティバル 2013年 in 渋谷ヒカリエに参加しました!

先週の9月7日(土)にA8フェスティバルに参加しました。 A8フェスティバルとは? 株式会社ファンコミュニケーションズが主催するアフィリエイターを集めた大規模なイベントです。毎年渋谷で行われており、今...

続きを見る

IT特化型スクールTechAcademy(テックアカデミー)でITスキル向上

  キラメックスが運営するIT特化型のスクール『TechAcademy』は、ITスキルアップを目的として、一流の講師から短時間で学ぶというコンセプトで展開されています。   下記の...

続きを見る

美しいデザイン!感動コレクションサービス『log (ログ)』

株式会社we-bがリリースした感動コレクションサービス『log (ログ)』を使ってみて、面白かったので紹介します。 ▼感動コレクションサービス「log」とは 自分が感動した映画、本、音楽、漫画、ゲーム...

続きを見る

理由探しの逃げを止める

何かと理由をつけて、物事を先送りにしてはいけない。面倒くさいことを先送りにしても、必ずやらなければならない時がくるので、無駄に先に延ばしてしまうと、塵も積もれば効果でさらに面倒くさいことになる場合もあ...

続きを見る

希少性にこそ価値がある

お金を払うということは、お金を払う価値がそこにはあるということ。人それぞれ価値観が違うので、その人が何に価値を感じているのか?という点は、人それぞれ異なる場合がある。 しかし、一般的に人はゴールドのよ...

続きを見る