tikuson

『百文は一見にしかず』ハートに響く広告について

ハッとする広告に出会う時があります。説明がない広告でも、その広告のメッセージが直感的にわかります。

『百聞は一見にしかず』ということわざがあるように、人から何回も聞くよりも自分の目で確かめた方がよくわかるものです。

広告も同様に『百文は一見にしかず』だと思います。いくらタバコは有害であると文章を読んでも、ピンとこない人は多いと思います。

その場合は、文章ではなく視覚に訴えることでインパクトを与え、ダイレクトにメッセージを伝えることができると思います。広告や写真はその力を秘めていると思います。

これは幸福を追求して色々悩み、複雑に考え迷ってしまうが、実際はシンプルなものであるということを表現しています。

ゴチャゴチャした広告よりも、コンパクトにインパクトを与える広告がハッと感じるし、ハートに響くものだと思います。

2012/08/22 | 広告

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

顔面広告と絶対領域広告にみる広告スペースの価値

広告とは、より露出され目立つところに掲載し、ブランディングや認知度アップ、商品販促の促進を図るなどの目的のために出稿するものである。 つまり、多くの人に見られるところに広告スペースとしての価値が生まれ...

続きを見る

オススメ記事

働き方の多様性から生まれるフリーランスやノマドワーカーという生き方

Coffeeshop Prop Humor No. 1 / Pen Waggener フリーランスやノマドワーカーという言葉が、今年に入って急に広まり、ブログや書店で触れる機会が多くなった。 最初は、...

続きを見る

【Storys.jp】人気ストーリーにみる5つの特徴

先日、Facebookのウォール上で、学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話という記事がシェアされていた。 内容をみると、偏差値30のギャ...

続きを見る

ジブン銀行という考え方

最近、収入と支出のバランスが大切だと日々感じる中で、お金の使い方について、ざっくり考えてみました。 大きく分けて下記3つに分けて綴ります。 浪費・・・ムダ使い 消費・・・日常生活で使う出費 投資・・・...

続きを見る

ネガティブなほど慎重に考え、 ポジティブに行動する!

【夢は持たないほうがいい】 私は夢って言葉があんまり好きじゃない。というのも、夢って言葉のどこかに叶わないっていうニュアンスが含まれていると思うから。 とはいえ、将来「こんなことやりたい」っていう思い...

続きを見る

LCCは空のマック?Jetstarで東京⇄鹿児島間の片道航空券が5円だった件

1週間会社を休んで、九州一周の旅に出た。3ヶ月前にJetstarの先着申込キャンペーンでGETした、東京の成田発、鹿児島行き片道5円の航空券を使った。実際に席代が別途かかり、400円から800円くらい...

続きを見る