tikuson

【本】リブセンス -生きる意味- 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

史上最年少で上場記録を塗り替えたリブセンス社長の村上太一さんの起業ストーリーが描かれた一冊です。

史上最年少上場記録を塗り替えて急成長したリブセンス

上場した社長は、六本木ヒルズへ引越し高級車を買うなどというイメージがあるが、村上さんは上場が決まった夜に、「からあげ定食」でひとりお祝いをして、上場後もこれまでと変わらない生活(ワンルームに住む)を送っており、とても堅実的で、これまでの起業家のイメージとは異なっていると感じます。

アルバイト情報サイトの「ジョブセンス」を立ち上げる経緯や、そのサイトとの差別化戦略(成功報酬型や採用祝い金)を徹底して行っています。

徹底したユーザ目線と顧客満足度の充実

自身がアルバイトを探していた時に感じた『不便さ』をきっかけに、ユーザ(利用者) が自分にマッチしたアルバイト先を見つけるために、どのようなサイトがあれば良いか?というユーザ目線で徹底的に考え、形にするという姿勢を感じとれます。

また従来のアルバイト情報サイトは、広告を掲載するだけで費用がかかるという仕組みであったが、その固定概念を取払い、ユーザが応募して実際にアルバイト先に出向いたら料金を払うという、成功報酬型のビジネスモデルを取り入れたことによって、求人サイトに広告を出向する企業の満足度を高める結果となります。

ユーザ目線と顧客満足度の両立を追求したことにより、徐々に掲載企業が増加し、売り上げを伸ばすことに成功します。

柔軟な姿勢と緻密な事業計画

早稲田大学の1年生のときに、株式会社リブセンスを創業し、5年でマザーズに上場しましたが、その道のりは険しく、休みなくハードに働いている様子が伺えます。

親や周囲の友人、経験豊富な社会人の方々の意見を取り入れつつ、自分の考えをもとに、途中にビジネスモデルを変更したり、ベンチャーキャピタルをすべて断ったりして、柔軟な姿勢でフットワーク軽く、突き進んでいます。

また学生意識はなく、社会人としての考え方や必要なスキルを習得するために努力しており、ビジネスプランコンテストで優勝するために、自ら街頭アンケートをとり、データを収集するなど、緻密に事業計画書を作り込んでいます。

事前準備を徹底して行い、謙虚で柔軟に動き回るという、起業家にとって重要な要素を持っており、計画を行動に起こす情熱があふれていると感じます。

 

等身大の村上太一さんが描かれており、カリスマ性を感じるというよりかは、親しみやすく、『アットホームな起業家』という印象を受けます。

起業家というと、成功した光の部分に注目される傾向にありますが、成功に至った陰の部分に学ぶべき点が多くあり、苦難やプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、ブレイクスルーしていく過程がエキサイティングであると思います。

起業を目指す人にとって見本となる方だと思いました。私とほとんど年齢が変わらないということもなり、尊敬する反面、負けていられないと感じた一冊でした。

2012/09/01 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

2012年に読んだ一読の価値ある本〜BEST3〜

2012年に読んだ中で絶対に読んだ方がよい!と思ったオススメの本を紹介します。 Best 3 フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜  フリーエージェントとは、「インター...

続きを見る

【本】マイクロソフトでは出会えなかった天職 〜僕はこうして社会起業家になった〜

たまたまブックオフで見つけて、Amazonのレビュー評価が非常に高かったので読んでみましたが、鳥肌が立つくらい感動した一冊でしたので紹介します。 著者のジョン・ウッドはマイクロソフトに勤務していたが、...

続きを見る

【漫画】必見!社会人版のドラゴン桜『エンゼルバンク』

『ドラゴン桜』という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。 元暴走族の弁護士が落ちこぼれ高校の生徒の受験を指導し、東大に合格させるストーリーです。 漫画だけでなく、テレビドラマ化して人気を呼ぶ作品...

続きを見る

【本】『自分の中に毒を持て』ーあなたは”常識人間”を捨てられるかー

イケダハヤトさんのブログで、”ウェブサービスで起業したい!と考えている人が読むべき15冊の本”という記事の中で紹介されており、興味を持ったので読みました。 『芸術は爆発だ』という言葉を聞いたことがある...

続きを見る

【本】フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜

Amazonの評価が高く、気になっていた本を購入して、あっとうい間に読み終えてしまいました。説得力のある事例をもとに、フリーエージェントで働く人の実体が明らかにされていて、内容が非常に共感できたので紹...

続きを見る

オススメ記事

Sleep Cycleを使って検証してみた

1日:24時間 1年:365日 80歳くらいまで生きると仮定したら、私は今22歳なので、あと60年くらい生きれる。 365日×60年=21900日 24時間×21900日=525600時間 私は、いつ...

続きを見る

【動画】『珍しいタイプの回し車にハシャぎすぎるハムスター』が面白くて吹いた

Facebookのウォールに流れていたこの動画を見て、あまりにも面白かったので紹介します。 夜中に動画を再生してしまい、笑いがこらえられず、これは他の人にも見てもらった方が良いという、使命感に駆られて...

続きを見る

【書感】スタバで読んだ5つの本

夜9時くらいから、久しぶりにスタバに本を読みに行きました。このスタバは、マイフェイバリット・スタバで、他のスタバとは一線を画しています。 なぜなら、TSUTAYAと合体していて、スタバでくつろぎながら...

続きを見る

【動画】Goose houseのオススメ名曲10選

パソコンで作業をしていると、気づいたらYoutubeにたどり着いて、動画をみて楽しくなり、次の動画次の動画と再生して時間を費やしていることがよくある。 Youtubeサーフィンをしていて、面白い動画や...

続きを見る

引っ越しが趣味になった顛末

家族が転勤族だったこともあり、生まれてから26年経ちますが、かれこれ15回くらいは引っ越しをしています。ここまで引っ越しを繰り返すと、逆に『俺は引っ越し王になる!』という目標すら掲げたくなるレベルです...

続きを見る