tikuson

多様化するクラウドファンディングサービス

READY FOR?やCampfireといったクラウドファンディングサービスが登場して、最近注目を集めています

カンボジアの学校建設プロジェクトや伝統工芸を守るための地方活性化プロジェクトなど様々なプロジェクトがあります。

がっつりプロジェクトに参加したいけど時間や場所の制限で参加ができない人でも、クラウドファンディングを使うことで、自ら出資者となり間接的にプロジェクトに関わることができます。

クラウドファンディングの魅力

▼良いことに対する価値

駅前の階段下で引越し屋のおじさんに、荷物を階段の上まで運んでくれって頼まれたとしたら、大体の人は『なんで代わりに運ばなきゃいけないんだ、こんにゃろう』って言うと思います。

ただ、赤ちゃんを抱えた女性がベビーカーを階段の上まで運んでほしいと頼んできた場合、断る人はまずいないでしょう。

引越し屋のおじさんが困っていたとしても、荷物を運ぶことがおじさんの仕事で、運ぶことでお金をもらっているので、それを手伝うことは労働力を提供するということと考え、見返りを求めたくなります。

一方、赤ちゃんを抱えている女性のベビーカーを運ぶことに対して、見返りを考えること無く、ただ困っているから助けたいという気持ちが働きます。

荷物を運ぶという同じ行為なのにも関わらず、前者と後者で違いが生じるのは、良いことに対する価値があるかないかという点だと思います。

良いことに対して、価値を感じ、共感し、応援したいという気持ちが、行動に移させるきっかけになります。時には、見返りを求めずに、財布のヒモをゆるめたりもします。

クラウドファンディングは、少額だとしても出資をすることでプロジェクトに関与しているメンバーとなり、良い価値を生み出すことができます。

良いことに対する価値がなくなることはないし、Facebookやmixiの発展のように、個人が多数の人と、共感して繋がることができるという関係性は、今後ますます増えていく重要な要素だと思います。

▼ノベルティーとレベニューシェア

プロジェクトの支援金額に応じて、ノベルティーが得られる仕組みは面白いと思います。小学生のときに募金をした経験があるけど、実際に自分が募金をしたわずかな金額で本当に役に立つのだろうか?と感じたことがある人は多いと思います。

クラウドファンディングでは、実際に目に見える形でノベルティーを受け取ったり、絵画展に参加したり動画をみたりすることができるので、出資をすることによる良いことの価値プラスアルファの見返りがあります。

また、最近ではアプリ開発者向けのクラウドファンディング、appbackrがあります。アプリの企画に共感し、面白いと思った個人が、アプリ開発者に出資をすることで開発資金を援助し、開発者がAppStoreでアプリを公開し、売り上げが上がったら、利益から一部を出資者に還元します。

YouTube Preview Image

事前にノベルティーが決まっている通常のクラウドファンディングとは異なり、利益還元型なので、アプリが売れなかったときは利益を得ることができなくなります。ただし、自分が欲しいと思ったアプリを手に入ることができるので、面白いビジネスモデルだと思います。

クラウドファンディングは、出資者にとってのメリットが見えやすく、使われ方も透明性があるため、あやしい団体でブラックボックスに吸い込まれるような感じの寄付にはならないので、魅力的だと感じる人は多いかもしれません。

▼細分化による多様なニーズの掘り起こし

発展途上国の支援や震災復興支援などのようなプロジェクトだけでなく、新しいクラウドファンディングが登場してきています。

例えば、見たい映画に投票して、成立したら映画を見ることができる、ドリパスが挙げられます。

チケットの購入枚数が既定枚数を超えた時点で上映が決定するので、ある種グルーポン系のような共同購入割引に近い印象を受けます。

さらに、過激なものだとポルノ系のクラウドファンディングサービスがあります。※閲覧注意:GoGoFantasy

自作ポルノの制作資金を集め、完成したら出資をしてくれた人に視聴する権利を与えるサービスとなっています。

ポルノ市場はでかく、ニーズがなくなることはなく、かつ男性の財布のヒモが緩まる市場だと思います。日本ではまず禁止されるサービスだと思いますが。。。

クラウドファンディングが細分化され、よりニーズに沿ったサービスを提供するよう、日々新しいサービスが登場しています。

問題が発生したり訴訟が起きることも今後は増えていくかもしれません。しっかりとした知識を持って、クラウドファンディングと上手に付き合っていくことが大事だと思います。

2012/10/07 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

【必見】語学学習者向けの相互添削型SNS「Lang-8」

英語や中国語などの海外の言語を学習している人にオススメのLang-8というWEBサービスがあったので紹介します。 相互添削型SNS「Lang-8」 Lang-8は言語学習者に向けた相互添削型SNSサー...

続きを見る

『パブロとブルーノの物語』にみるお金と時間の関係性

『パブロとブルーノの物語』を知っているでしょうか? パブロとブルーノは経済的自立を求めて、全く異なる道を歩みます。その結果がもたらす教訓を10分の動画で紹介しています。 まずはこちらをご覧ください。 ...

続きを見る

2013年の抱負について

          2013年がスタートしたので、今年をどんな年にしたいか書いてみます。 自己投資の年 今年で26歳になります。20代は数多くの失敗や...

続きを見る

自己実現の欲求と「何のために働くのか」ということについて

仕事とプライベートをはっきり分けて、バランスよく生活するという、ワークライフバランスの考えに疑問を感じています。 仕事とプライベートはトレードオフの関係ではないし、優先順位をつけて時間配分を調整して生...

続きを見る

本格的にブログを運営したい人はWordPressがオススメ!

AmebaブログからWordPressへ移行して3ヶ月程経ちましたが結論、もっと早くからWordPressでブログを作れば良かったと思いました。 AmebaブログやFC2ブログのように会社が運営するサ...

続きを見る

オススメ記事

働き方の多様性から生まれるフリーランスやノマドワーカーという生き方

Coffeeshop Prop Humor No. 1 / Pen Waggener フリーランスやノマドワーカーという言葉が、今年に入って急に広まり、ブログや書店で触れる機会が多くなった。 最初は、...

続きを見る

TSUTABA(ツタバ)を有効的に使うこと

TSUTABA(ツタバ)を知らない人は意外にも多い。TSUTABA(ツタバ)は、TSUTAYAとスターバックスが併設されている店のことを指し、週末によく行くオススメの場所である。 TSUTABAの良い...

続きを見る

希少性にこそ価値がある

お金を払うということは、お金を払う価値がそこにはあるということ。人それぞれ価値観が違うので、その人が何に価値を感じているのか?という点は、人それぞれ異なる場合がある。 しかし、一般的に人はゴールドのよ...

続きを見る

【感想】A8フェスティバル 2013年 in 渋谷ヒカリエに参加しました!

先週の9月7日(土)にA8フェスティバルに参加しました。 A8フェスティバルとは? 株式会社ファンコミュニケーションズが主催するアフィリエイターを集めた大規模なイベントです。毎年渋谷で行われており、今...

続きを見る

3Dアニメーション『TomoNewsJP』がクオリティー高すぎて面白すぎる件

最近知ったYoutubeの動画で、あまりにもクオリティーが高く、面白いアニメーションがあったので紹介します。その名も、TomoNews JP!Next Media Animationという香港と台湾に...

続きを見る