tikuson

Adobe製品をアカデミック版でお得に購入する方法

スクリーンショット 2013-02-21 23.31.18

Adobe製品を使ってWEBサイトの制作やバナーを作りたいと思っていたのですが、ここ3ヶ月ほど買うかどうかずっと悩んでいました。しかし、いずれ買うなら今買った方がよいと考えて、先日思い切って購入しました!

悩んでいた理由は、金額が高い(定価20万円以上)という点でしたが、安く購入する方法を調べて「えいやっ」っていう勢いで購入しました。

今回は購入する手順について紹介したいと思いますが、その前にAdobe製品について簡単に紹介します。

Adobe製品は、PhotoshopやIllustrator、Dreamweaverなどなど、多くの製品があり、Photoshopは単体で販売していますが、その他製品は基本的にセットで販売されています。

セットで販売されているため、自分が使いたいソフトがセットに入っているか事前に確認する必要があります。例えば、下記のようなセットがあります。

  1. Adobe Creative Suite 6 Master Collection
  2. Adobe Creative Suite 6 Design & Web Premium
  3. Creative Suite® 6 Design Standard

 

今回私が購入したセットは、2のAdobe Creative Suite 6 Design & Web Premiumです。FireworksでLPやバナーを制作し、Dreamweaverでコーディングをしてサイトを制作したいと思ったからです。1はすべてのソフトが入っているのですが、使わないソフトも入っていて、かつ値段も高めなので迷いなく2を選びました。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、ここからは購入方法を紹介したいと思います。

 

購入方法

まず前提としてAdobe製品を定価で購入するとかなり高額となってしまうので、アカデミック版で購入します。アカデミック版は学生や教職員向けのため、社会人は買えないのでは?と思ってしまうかもしれませんが、買える方法があります。

①通信講座を受講し、アカデミック版で購入する

それはAdobe製品を学べる通信講座の学生になることで、定価の半額で製品を購入することができます。通信講座を受講できるスクールは、数多くありますが、いろいろ調べた結果、ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」で購入することに決めました。↓


今回はAdobe Creative Suite 6 Design & Web Premiumとオンライントレーニング通信講座3ヶ月間8コース(講座)受け放題プランで購入しました。定価の半額で購入することができ、実際は99,800円となります。さらにキャンペーン期間中はキャッシュバックがあります。

購入した時は1万円キャッシュバックのキャンペーン期間だったため、実質は89,800円で購入することができました。

 ②申込フォームに入力後、自宅へ郵送

申込フォームで購入する製品を確認し、必要事項を入力します。なお、アカデミック版とはいえ、やはり高額だと感じる人も多いかと思います。その場合は、クレジットカードで分割で支払えば、月々の支払う金額を抑えることができるので、オススメです。

申込フォームで入力完了後にメールが届きます。なお、製品は登録後の1週間程で郵送されてきます。私の場合は、宅配BOXに入れてもらったため、自宅にいなくても受け取ることができました。

写真

中にはAdobe製品のWindows版とMac版が入っており、他にも説明資料や通信講座の学生証明書、そしてプレゼントでiPhone5のケースが入っていました。ちなみに今持っているのはiPhone4Sだから、iPhone5にしないとケースが使えない(笑)

③シリアル番号申請

Adobe製品を使うためには、シリアル番号というものを申請しなければなりません。シリアル番号の申請手順を参考に登録します。登録後にリターンメールがきて、3営業日中にシリアル番号をメールしますと連絡がきます。実際は登録した翌日にシリアル番号発行のメールがきました。

その後製品をインストールすることで、Adobe製品をすぐに使うことができます。ヒューマンアカデミーのオンライン通信講座への登録をしたら、各講座をオンラインで受講することができるので、製品を購入したらまず講座を受講して、各ツールの特徴を押さえてみると良いと思います。

さて、Adobe製品を購入しましたが、このツールを活かすために勉強したいと思います。ツールを使いこなせるようになれば、作業効率も上がるし、やりたいことの幅が広がると思います。

ただツールはツールでしかないので、ツール以上の機能を発揮するためには、そのツールをもとに、いかにクリエイティブに発想し、そのアイディアをいかに具現化できるかという点が大切だと思います。なんつって、カッコいいことを言ってみたりする。

今後、WEBサイトを作ったり、アフィリエイトで使用するバナーやLPを自分で作ってみたいと思う人は、アカデミック版でAdobe製品を購入してみてはいかがでしょうか。


2012/12/19 | デザイン

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

give&giveの精神

                give&takeという言葉がある。自ら与える(give)ことによって、得るもの(tak...

続きを見る

フリーランスの武器について

最近「フリーランス」や「ノマドワーカー」という言葉をよく聞く。会社に所属せずに自宅やカフェで仕事をするスタイルで、現代社会の多様化した働き方の一つである。 会社員ではないので、毎月定期的に給料を支払わ...

続きを見る

ビジネス英語はTED(テッド)から学べ!最強の英語学習教材になり得るか?

ビジネス英語を学びたいと思って、海外ドラマを見ている人は多いのではないか。海外ドラマでありがちなことは、Son of a bitch!(クソッタレ)とかGet out of my face!(オレの前...

続きを見る

【カフェ】フリーランスの職場?

                フリーランスは組織に所属していないので、会社ではなく自宅やカフェで仕事をする人は多いと思...

続きを見る

同窓会のジレンマ〜働き方の多様性と自身への問い〜

Facebookユーザ増加に伴い、昔の友人と容易に繋がることができ、連絡をとったり、小学校や中学校の同窓会をするなどのイベントが増えたのではないでしょうか? Facebookでイベントのグループを作っ...

続きを見る