tikuson

2012年に読んだ一読の価値ある本〜BEST3〜

medium_6175154545

2012年に読んだ中で絶対に読んだ方がよい!と思ったオススメの本を紹介します。

Best 3

フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜

 フリーエージェントとは、「インターネットを使って、自宅でひとりで働き、組織の庇護を受けることなく自分の知恵だけを頼りに、独立していると同時に社会とつながっているビジネスを築き上げた」人々を指す。

2012年はノマドワーカーという言葉が流行り、会社員ではなくフリーランスとして自宅で働き収入を得る、という働き方に注目が集まったのではないでしょうか。

本書ではアメリカのフリーエージェントの実態を調査しつつ、働き方の変化を論理的に考察しています。過去の記事で読んだ感想を書きましたが、おすすめの1冊です。

最近では、『若者の○○離れ』という言葉をよく耳にしますが、この言葉はネガティブな側面ではなく、選択肢の多様性がもたらした変化だと思います。

一昔前は、お金を稼いで車やマイホームを購入し、新卒で入った会社で定年まで働くという考えが一般的であったかと思います。もちろん、今もその考えの若者は多いかもしれませんが、仕事にお金ではなく意義を求めるようになったと感じます。

自分の仕事がお金を稼ぐだけでなく、社会的にどのような意義があるのか?と考える傾向にあると思います。最近では、会社を辞めてNPOで働いたり、青年海外協力隊で発展途上国にボランティア活動を行ったりする人が周りで増えてきたと感じます。

お金を稼いで高級な車を買ったり、ブランド品を身につけるよりも、生活する上で最低限のお金を稼いで、好きな活動に取り組みたいと考える人が増えてきたのだと思います。

会社員として働くことが当たり前ではなく、働き方の一選択肢と考え、組織に属さずに複数のプロジェクトをその場限りのチームを組んでこなすという人も増えてくると思います。

この本は近い将来の日本で起きることを言い当てていると感じる1冊です。

『自分の中に毒を持て』ーあなたは”常識人間”を捨てられるかー

岡本太郎さんの本ですが、自身の考えを思いっきり主張しており、全裸で氷が張ってある池に飛び込むくらいの衝撃を受けます。

人生を真剣に生きてきた方だと率直に感じたとともに、自分が甘い環境に置かれて生きてきたと感じた1冊です。こちらも過去に紹介しましたので、よかったら読んでください。

リブセンス -生きる意味- 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

2012年に注目を集めたリブセンスの村上社長の著書です。サービス起ち上げ当初の出来事が詳しく書かれており、かつ人柄がよくわかる1冊です。

同年代で活躍している人を見ると、嬉しいと思うし負けていられないと感じます。こちらも感想を書きました

 

2013年もたくさんの本と出会いたいと思います。

2013/01/02 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

【本】マイクロソフトでは出会えなかった天職 〜僕はこうして社会起業家になった〜

たまたまブックオフで見つけて、Amazonのレビュー評価が非常に高かったので読んでみましたが、鳥肌が立つくらい感動した一冊でしたので紹介します。 著者のジョン・ウッドはマイクロソフトに勤務していたが、...

続きを見る

【漫画】必見!社会人版のドラゴン桜『エンゼルバンク』

『ドラゴン桜』という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。 元暴走族の弁護士が落ちこぼれ高校の生徒の受験を指導し、東大に合格させるストーリーです。 漫画だけでなく、テレビドラマ化して人気を呼ぶ作品...

続きを見る

【本】リブセンス -生きる意味- 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事 史上最年少で上場記録を塗り替えたリブセンス社長の村上太一さんの起業ストーリーが描かれた一冊です。 史上最年少...

続きを見る

【本】『自分の中に毒を持て』ーあなたは”常識人間”を捨てられるかー

イケダハヤトさんのブログで、”ウェブサービスで起業したい!と考えている人が読むべき15冊の本”という記事の中で紹介されており、興味を持ったので読みました。 『芸術は爆発だ』という言葉を聞いたことがある...

続きを見る

【本】フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜

Amazonの評価が高く、気になっていた本を購入して、あっとうい間に読み終えてしまいました。説得力のある事例をもとに、フリーエージェントで働く人の実体が明らかにされていて、内容が非常に共感できたので紹...

続きを見る

オススメ記事

omiaiのiPhone版アプリリリース

1/5よりomiaiのiPhone版アプリがリリースされました。omiaiについては過去に記事に書きましたので、こちらを読んで頂ければと思います。⇒Facebook(フェイスブック)を活用した日本最大...

続きを見る

(本)白いネコは何をくれた?-「言葉を話すネコ」ボロが教える人生を変えるマーケティング戦略

素晴らしい本に出会ったときに、鳥肌が立つことがあります。最近は、Amazonのレビューを参考にするだけでなく、知人や経営者がオススメする本を積極的に読んでいます。その中で、絶対にオススメの本があったの...

続きを見る

細分化STEP

  目の前に大きな壁があって、それにぶち当たり、乗り越えられずにくよくよすることはよくある。そのときに、大きな壁を一気に乗り越えようとしても、なかなかうまくいかない。...

続きを見る

アウトプットとインプットのバランス

新しい知識を得たら、その知識を理解して噛み砕き、アウトプットすることで定着すると思う。食べた後に出すという自然の摂理と同じである。インプットばかりでは頭でっかちになるし、アウトプットだけでは消化不良に...

続きを見る

【書感】スタバで読んだ5つの本

夜9時くらいから、久しぶりにスタバに本を読みに行きました。このスタバは、マイフェイバリット・スタバで、他のスタバとは一線を画しています。 なぜなら、TSUTAYAと合体していて、スタバでくつろぎながら...

続きを見る