tikuson

『omiai(お見合い)』Facebook恋活婚活アプリが流行る理由と3つの魅力

omiai

彼氏や彼女が欲しいけど、なかなかいい出会いがなくて、、(苦笑)と嘆く人は多いと思います。そんな悩める子羊の間で徐々に人気が出ている、Facebookの婚活アプリOmiaiについて、人気の理由について書きたいと思います。

Omiaiってなんやねん?って人はまずはこちらをお読みください。
関連記事:【必見!】Facebook(フェイスブック)を活用した日本最大級のマッチングアプリ『Omiai』

Omiaiの魅力とは?

Omiaiの会員数が10万人近くなり、Facebookアプリだけでなく、今年の1月からiPhoneアプリやAndroid(Google play)がリリースされました。スマートフォンのアプリはまだまだ改善の余地がたくさんありますが、移動時間にリアルタイムで使えるのはユーザーにとって非常にうれしいことだと思います。

①実名性と安全性の高さ

出会い系と聞いたら、「怪しい」「だまされる」と懐疑的に思う人は多いのではないでしょうか。会員登録をしたら、過剰に請求される悪徳業者も存在すると思います。また、実際に会ってみたら、プロフィール写真と全く違う人がいたなどといったケースもあるかもしれません。

しかし、OmiaiはFacebookというプラットフォーム上のサービスであり、プロフィール写真がFacebookのアカウントに登録している写真のため、実際に会ったときのギャップが少ないと思います。

事前に友達申請をしてFacebookのアカウントを交換し、お互いのフィードを見ることもできるので、安全性の高いサービスになっています。

また、Facebookを利用している自分の友人に知られないようシステム設定がされているので、自分がOmiaiを使っていると気づかれることもなく、かつ勝手にFacebookに投稿されることもないので安心して使えます。

②費用対効果がバツグン?

omiai width=

男性は有料会員制となっており、月額2980円の課金となります。女性は完全に無料で利用できます。

月額2980円を高いと思うかどうかは個人によって異なると思います。会員になると、毎月30人にいいねを押すことができ、相手も自分にいいねを押してくれたらマッチングが成立となり、メール交換ができます。

30人にいいねを押すことで、3人くらいレスポンスがあり、実際に会ったとしたら、2980円で3人と会うことができます。1回の合コンで6000円払って3人と会う場合よりも、費用対効果が良い?と感じる人も多いのではないでしょうか。

合コンは複数名対複数名で開かれるので、友人に気を遣ったり、1人の相手とじっくりと話す時間を確保できないかもしれません。そういう意味では、Omiaiで1対1でじっくりと話せることができるのは良い機会かもしれません。

③自分好みの相手へアプローチが容易

年齢や国籍、居住地だけでなく、身長や体型、学歴や職業、年収、血液型、結婚の意向、宗教、タバコを吸うかどうかなどの詳細な条件を設定することができるので、希望する相手にピンポイントでアプローチをすることができます。

スクリーンショット 2013-01-20 18.13.39

 

また、逆に相手が望む条件で検索することができるリバース検索機能もあります。合コンだとどんな相手が来るかわからないけど、このような条件設定ができれば、事前に希望する相手と接触する機会が増えます。

また男性は基本は月額2980円ですが、グレードアップ(プレミアム会員)することも可能で、さらにOmiaiポイントというオプションとつけて機能を追加することもできます。

スクリーンショット 2013-01-20 18.23.12

スクリーンショット 2013-01-20 18.22.48

女性は完全に無料ですが、男性は月額で2980円払う必要があるので、がっつり1〜3ヶ月間ほど使って恋人ができたら退会するなどをして、有効的に活用することが大事です。

がっつり婚活相手を見つけたいと思う人や、異性の飲み友達が欲しいと思う人、友人が使っているから試しに使ってみたという人、サービス自体に興味がありどんな仕組みか知りたいと考えている人、、、などなど目的は多種多様だと思います。

使ったことがない人は一度使ってみたら面白いと思います。

Facebookで恋活・婚活「Omiai」



2013/01/20 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

フリーランスの武器について

最近「フリーランス」や「ノマドワーカー」という言葉をよく聞く。会社に所属せずに自宅やカフェで仕事をするスタイルで、現代社会の多様化した働き方の一つである。 会社員ではないので、毎月定期的に給料を支払わ...

続きを見る

ソーシャルメディア時代のブログ価値

the business socialmedia map / smartfeeling               mixiやTw...

続きを見る

【保存版】シェアハウス初心者に送る、必見サイト10選

今しかできないことを全力でやる、がモットーな僕が最近つくづく思うことは、シェアハウスって今のうちにしか住めないよねってこと。 というのも、家族ができたりするとなかなか住めないし、シェアハウスに人生で一...

続きを見る

【フリーランス育成講座】デジタルハリウッド×面白法人カヤック

私がGoogleリーダーで購読しているブログの中で、お気に入りのイケダハヤトさんのブログの中で紹介されていた記事が面白かったので紹介します。 専門学校のデジタルハリウッドと、面白法人カヤックがコラボし...

続きを見る

『musictonic』で快適な音楽カフェライフの実現?

カフェでPCをいじっている時にYoutubeで音楽を聴いている人は多いでしょう。音楽を聴きながら作業をすると、集中できて作業がはかどるものです。 でも、途中で再生していた音楽が終わってしまって、次の曲...

続きを見る