tikuson

20代のうちに知っておきたい時間とお金の使い方

time

20代のうちは色んなことに挑戦して経験することが大切だ。
こんな言葉をよく聞きますが、
何にどのくらい時間を費やすかが1番重要だと思います。
時間は有限であるので、ムダなことに時間を浪費してしまうことはもったいない。

人生は、生まれてから墓場までの決められた時間の中で生きており、
時間は平等に与えられているので、がんばっても増やすことはできない。
ただし、お金を使って時間を買うことはできると考えます。

例えば、6km先の店に行きたいときに、歩いて1時間をかける場合と、
タクシー代1000円を払って、6分で行く場合では54分差が生じます。
単純計算で1000円=54分の価値ということになり、
54分歩く時間を省くために、1000円を対価として払っています。

掃除や洗濯、料理をすることに時間をかけたくないと思い、
家政婦を雇う人もいるかと思います。

つまりお金で時間を買うことで、時間のマイナス分をなくすことができます。
だからといって、毎日タクシーで移動して時間を節約したい!と思い実行すると、財布の中身がすっからかんになってしまいます。

時間を節約できたとしても、お金を稼ぐためにアルバイトをしたり、
仕事をすることで、新たに時間を費やすことになります。

「お金をたくさんもっているから幸せである」はイコール関係にないと思うし、
お金持ちでも幸せでない人は世の中にごろごろいると思います。
ただし、一つだけいえることは、お金は選択肢を増やすということです。

お金をたくさん持っていれば、選択肢の幅が広がるし、
少しでも安い商品を買おうとスーパーマーケットをはしごしたり、
ヤマダ電機で1日中値下げの交渉をするなどといった行為をすることなく、
ムダな時間を省くことができます。

「小さなお金には小さな自由、大きなお金には大きな自由」
という公式が成り立ちます。

時間と引き換えにお金を得ることができるし、
お金と引き換えに時間を得ることもできます。

冒頭に「時間は有限である」と述べましたが、
その有限な時間と引き換えにお金を得ていたら、いつかは限界がきます。
年をとると体も言うことを効かなくなるので、
時間を切り売りしてお金を得る方法は賢明ではないということになります。

時間を提供しなければお金は得られないという自転車操業的な
働き方では長続きしません。

「じゃあ、どうすれば良いの?」って考えたときに、
時間を提供せずにお金を得る仕組みをつくること
できれば良いという結論にいたります。

とは言っても、働かずしてお金を得るということは簡単ではない。
お金は社会や人に提供した価値に対して支払われるものなので、
価値を提供する仕組みをまずはつくる必要があります。

その方法は、人それぞれです。株や不動産、転売、情報商材、
ネットワークビジネス、アフィリエイトなど多種多様にあります。

どれを選択するかは個人の自由ですが、
選択するポイントは3つあると思います。

  • 自分が得意で継続して取り組めること(得意分野で持続可能か?)
  • 世の中が求めていること(社会的ニーズにマッチしているか?)
  • ストーリー性があること(なぜ自分がそれをやる必要があるのか?)

まず前提としてお金を稼ぐ仕組みをつくることは容易ではないため、
時間をかけてコツコツ継続する必要があります。
とくに価値を提供するためには、自身の得意分野を提供することが
1番の近道だと考えます。

他の人がもっていない価値(希少価値が高い方がよい)を
提供することでお金が発生する可能性が高くなります。

これだけは誰にも負けないという分野を持っている人は、
それを使って仕組化することができないか考えればいい。
これといったものがない、という人でも得意分野を掛け合わせて、
差別化することができればそれが優位性になります。

上記価値を提供する仕組みをつくる上で、その価値はそもそも
社会から求められているのか?という視点がないと、
ゴミみたいな価値で終わってしまいます。

最後に、なぜその価値を自分が提供するのかという
ストーリー性が大事だと考えます。

例えば、地方活性化ビジネスをしたいという夢があった人でも、
実は東京でずっと暮らしていて地方には行ったことがなく、
地方での消費活動をしていないなどのバックボーンがあった場合、
周囲の人はなんでやりたいんだろうと思ってしまいます。

もし自分が幼いころに育った地方が過疎化の影響で廃村してしまい、
故郷がなくなってしまった、というつらい経験があり、
それを防ぐために地方活性化を行って町おこしをしたい。
こんな人がいたら周りの人は応援したくなると思います。

自分の得意分野で社会のニーズとマッチしているだけでなく、
周囲に共感して応援してくれるフォロワーがいることが大事だと考えます。

営業活動や経理、PR、システム保守など、すべてを一人で行うことは難しく、
その経験を得るためには膨大な時間がかかります。
周囲の関係性で補完することで、本当にやりたいことに
フォーカスできる環境が大切です。

話が脱線しましたが、お金を時間の関係性を意識して、
20代は行動することが大事だと思います。

商品を買うなどの物質的なことではなく、
体験を買うことにお金を費やすことが大事だと考えます。

20代のうちに貯金できる金額はたかがしれているので、
貯金ではなく自分という資産価値を高くするために投資を続けること。
投資をして得た失敗体験と成功体験を糧にして成長すること。

金になる木はすぐに生えてきません。
種をしっかりと蒔いて、継続して手入れをすることで、
いつかは大きく成長するものだと思います。

2013/02/24 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

『半沢直樹』と『進撃の巨人』にみるヒット作における3つの共通点

  『半沢直樹』というドラマが面白い!と会社で話題になったが、テレビをもっていないため、話についていけず、土曜の朝からネットで動画を探してさっそく見てみた。   とりあえずチョッと...

続きを見る

『進撃の巨人』が現代社会を投影している理由〜家畜と社畜の類似点〜

『進撃の巨人』を野球マンガと勘違いした人は多いでしょう。実際は、巨人は巨人でも大型な人間という意味の巨人であり、野球は一切でてきません(笑)。『進撃の巨人』については先日ブログで書きましたので、こちら...

続きを見る

【本】WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル

WordPressでサイトを制作した後、いかにサイトにアクセスを集めるか?という点が重要で、アクセスを集めるためには3つの集客方法があります。 SEO(検索エンジン最適化) リスティング アフィリエイ...

続きを見る

【捗る?】ホッテントリメーカーでブログタイトルを面白くつける方法

ブログを書いている人なら誰しもが一度は悩んだことがある、『タイトル』の付け方。タイトルはブログの内容を一言で表すキャッチコピーであり、タイトルが魅力的であれば、ブログを読まれる可能性が高まります。 &...

続きを見る

引っ越しが趣味になった顛末

家族が転勤族だったこともあり、生まれてから26年経ちますが、かれこれ15回くらいは引っ越しをしています。ここまで引っ越しを繰り返すと、逆に『俺は引っ越し王になる!』という目標すら掲げたくなるレベルです...

続きを見る