tikuson

『進撃の巨人』が現代社会を投影している理由〜家畜と社畜の類似点〜

進撃の巨人

『進撃の巨人』を野球マンガと勘違いした人は多いでしょう。実際は、巨人は巨人でも大型な人間という意味の巨人であり、野球は一切でてきません(笑)。『進撃の巨人』については先日ブログで書きましたので、こちらを読んで頂ければ内容理解に役立つと思います。

【アニメ】『進撃の巨人』が遂にTVアニメ化!カッコ良すぎて見ないと後悔する?

今回のブログでは、タイトル通り『進撃の巨人』は現代社会を投影している件について書きたいと思います。なぜ投影しているのかと感じたかというと、主人公のエレンが発した下記セリフが挙げられます。

『一生壁の中から出られなくても、飯くって寝てれば生きていけるよ。でも、それじゃ、まるで、、、まるで家畜じゃないか?』

1日中壁の補強をして酒を飲んでいる駐屯兵団に対して、エレンはこのようなセリフを投げかけます。壁を会社、家畜を社畜に置き換えて現代風に例えると、

『一生会社の中から出られなくても、飯くって寝てれば生きていけるよ。でも、それじゃ、まるで、、、まるで社畜じゃないか?』

つまり、壁は会社、壁の中で暮らしている人間は労働者、壁を脅かす巨人は不確実性の高い経済状況を表現しているといえます。

主人公のエレンは、一生壁の中で生きていく人のことを家畜と呼び、壁の外の世界に憧れます。壁の外の世界を知りたいという探究心から調査兵団を目指します。

しかし、母親は調査兵団に目指すことを断固として否定します。なぜなら壁の外に出た人がどういう運命になるか知っているからです。一方、エレンは壁の中で家畜として平気で暮らしている人をマヌケと考えています

エレンの友人のアルミンも外の世界に出たいという思いから、周囲の人から異端と思われていました。壁の外に出たいというだけで、白い目で見られ、外の世界に興味を持つことをタブーとしていました。

次にアルミンが下記セリフを言います。

『たしかに、この壁の中は未来永劫安全だと信じきっている人は、どうかと思うよ。100年壁が壊されなかったからといって、今日壊されない保証なんか、、どこにもないのに』

100年という長い歴史の中、壁に守られた人間は平和に暮らしていて、大多数の人間は壁を信頼し、安心していたため、外に出なければずっと大丈夫だという考えをもっていました。

これも現代風に言い換えると、

『たしかに、この会社の中は未来永劫安全だと信じきっている人は、どうかと思うよ。100年会社が倒産しなかったからといって、今日倒産しない保証なんか、、どこにもないのに』

極端に言い換えましたが、たしかに現代では一生安泰と言われている会社も、いつ倒産するかわからない状況下にあります。会社の中でずっと働いていれば、一生暮らしていけると考えている人もいるかと思います。ただ、倒産だけでなくリストラになる可能性もあります。

巨人(経済)という外部からの影響により、壁(会社)に影響を与え、その中で人間(労働者)は生きるために、さらに別の壁で守られた内地へ移動します。

エレンは巨人に立ち向かおうとしますが、まだまだ子供で、巨人の前では歯が立たないため、訓練を重ねて力をつけるべく特訓をします。つまり、起業家精神の持ち主(アントレプレナー)といえます。壁の中という制約に縛られずに、壁の外に出て巨人と戦うために、自ら力をつけて巨人を駆逐するために仲間とともに特訓を重ねます。

 

『進撃の巨人』は壁の中で生活する人と、壁を脅かす巨人という関係にあり、これは会社と経済の関係と類似していると感じました。巨人というある種、不可抗力の存在に対して、壁の中で暮らす人々は常に変化をして、対処できるようにならなければいけません。

100年間壊されなかったからといって、このままずっと安心して生活できる保証はどこにもない。平和であることに慣れてしまい、徐々に衰退していくプロセスに気づかない状態となっては危険です。

急激な環境の変化がない限り、なかなか人は行動を起こそうとしない傾向にあると思います。でも、変化が起こってからでは、取り返しのつかない状況になっていることもあると思います。

外部の環境を意識して、なにか起きたときに対処できるよう準備することが大切だと思います。『進撃の巨人』は巨人が人間を食べるというわかりやすい内容で表現されていますが、現代社会ではもっと複雑化されていると思います。

ただし、類似点は多くあると思うし、マンガから学ぶ姿勢は大事です。『進撃の巨人』で学んだことを実生活に取り入れて、『進撃のサラリーマン』として今後の人生について考えてみてはいかがでしょうか?

 

2013/04/14 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

なぜアフィリエイターはクラウドソーシングを活用するのか?

  ランサーズやクラウドワークスといった、クラウドソーシングのサービスが拡大するにつれて、個人がビジネスをより所有しやすくなったと思う。   1年前からランサーズを使っていて、ため...

続きを見る

『進撃の巨人』が現代社会を投影している理由〜家畜と社畜の類似点〜

『進撃の巨人』を野球マンガと勘違いした人は多いでしょう。実際は、巨人は巨人でも大型な人間という意味の巨人であり、野球は一切でてきません(笑)。『進撃の巨人』については先日ブログで書きましたので、こちら...

続きを見る

【本】ユダヤ人大富豪の教え

ユダヤ人大富豪の教えを読みました。 最高にいい本でした!オススメ度MAXですわ。 読む前は、堅苦しい本なんだろーなぁーって思ってたのですが、 実際は、読みやすく、対話形式で進むので、気付いたら一気に読...

続きを見る

Money is not Time !

1日=24時間=86,400秒 1年間=8,760時間=756,864,000秒 6月に25歳を迎えて、改めて時間について考えてみた。 時間=命なので、残りの命を大切に使っていきたいと思うし、 無駄な...

続きを見る

大企業とベンチャーはプールと海の違い

社長が朝会で言っていたことが、印象的だったので紹介します。 大企業は、環境や仕組みが整備された「プール」を泳ぐものとすれば、ベンチャーは、ゴールの見えない荒波の「海」を泳いでいくような毎日。ベンチャー...

続きを見る