tikuson

(本)白いネコは何をくれた?-「言葉を話すネコ」ボロが教える人生を変えるマーケティング戦略

スクリーンショット 2013-04-28 22.00.20

素晴らしい本に出会ったときに、鳥肌が立つことがあります。最近は、Amazonのレビューを参考にするだけでなく、知人や経営者がオススメする本を積極的に読んでいます。その中で、絶対にオススメの本があったので紹介します。その本のタイトルは、『白いネコは何をくれた?』。

広告代理店に勤務する冴えない会社員が、白いネコにマーケティング戦略を教わり、会社で実践しながら成長する物語です。マーケティングの基本が非常に分かりやすく解説されており、具体的な事例をもとに紹介されるため、初心者でも理解しやすい内容となっております。

マーケティングの本ですが、仕事だけでなく、恋愛や転職、就職、人生に役立つ思考が身につけられます。その思考方法は、戦略BASiCS(ベーシックス)というものです。

 

戦略BASiCSとは?

マーケティング戦略の統合フレームワークで下記5つの頭文字を取っています。

  • Battlefield(戦場/競合)
  • Asset(独自資源)
  • Strength(強み/差別化)
  • Customer(顧客)
  • Selling message(メッセージ)

本書では上記マーケティング戦略の中身を具体的に紹介されており、ネコが教えるという意外性もありつつ、主人公の成長ストーリーが実感できる内容となっています。

競合の広告代理店に顧客を奪われてしまうが、提案の機会をもらい上記戦力でプレゼンに挑みます。登場人物が個性的で、引き込まれる内容になっています。

また、マーケティングは仕事意外にも個人に当てはまるものでもあり、戦略Basicsは人生で役立つノウハウでもあることがわかります。

text

仕事で成功したい人や、能力があるのに成功していない人、転職したい人、恋愛がうまくいかない人など、結果を出したい人は一度読むことをオススメします。

今日が嫌だと感じても、今日変える行動を起こさないと明日も嫌なまま、というメッセージが印象的でした。主人公が広告代理店でコスメのクライアントを持っている27歳という点で、非常に今の私と類似していて、自身を主人公に投影しつつ読んでいたら、あっという間に読み終えてしまいました。

何度も読み返して、しっかりと身につけたいと実感した最高の良書でした。佐藤義典さんの著書ですが、この著者の他の本をもっと読みたいと感じました。

白いネコは何をくれた?

佐藤 義典 フォレスト出版 2008-10-21
売り上げランキング : 5085

by ヨメレバ

2013/04/27 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

2012年に読んだ一読の価値ある本〜BEST3〜

2012年に読んだ中で絶対に読んだ方がよい!と思ったオススメの本を紹介します。 Best 3 フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜  フリーエージェントとは、「インター...

続きを見る

顔面広告と絶対領域広告にみる広告スペースの価値

広告とは、より露出され目立つところに掲載し、ブランディングや認知度アップ、商品販促の促進を図るなどの目的のために出稿するものである。 つまり、多くの人に見られるところに広告スペースとしての価値が生まれ...

続きを見る

【可愛い】鏡に映ると赤ちゃんになって踊るエビアンの新CMが面白すぎる!

だれでも一度は赤ちゃんを見ていて、ほっこり癒された経験があるでしょう。人間はだれしも生まれたときは赤ちゃんで、みんなから可愛がられる存在です。 そんな赤ちゃんの可愛らしさを使ったエビアンの新CMが話題...

続きを見る

細分化STEP

  目の前に大きな壁があって、それにぶち当たり、乗り越えられずにくよくよすることはよくある。そのときに、大きな壁を一気に乗り越えようとしても、なかなかうまくいかない。...

続きを見る

自分メディア化

Facebook at Mozcon – Alex / Thos003     ソーシャルメディア時代において、自分ブランドを構築することが大切だと思っていて、自分ブランドを構築...

続きを見る