tikuson

ビジネス英語はTED(テッド)から学べ!最強の英語学習教材になり得るか?

スクリーンショット 2013-05-20 19.05.36

ビジネス英語を学びたいと思って、海外ドラマを見ている人は多いのではないか。海外ドラマでありがちなことは、Son of a bitch!(クソッタレ)とかGet out of my face!(オレの前から消え失せろ!)みたいな汚い英語がでてきて、ビジネスや日常英会話では使えない言葉が多々登場する。(もちろんちゃんとした海外ドラマもある)

海外ドラマは、英語耳にするための慣らし道具として、楽しく学べるという点では良いかと思う。実際にビジネス英語を勉強したいなら、TED(テッド)をオススメしたい。TEDは、Ideas worth spreading(広める価値のあるアイデア)を共有する場を提供しており、頭文字のテクノロジー(T)、エンターティメント(E)、デザイン(D)を主に扱い、著名人や専門家、一般企業のビジネスマンがインターネットを通じてビデオ映像を配信している。

無料で映像をみることができ、ビジネス英語の学習だけでなく、その道のプロの考えや発想がプレゼンテーションを通じて学ぶことができるのである。英語で聞いて、日本語の字幕を読んで学びたい人は、TEDの日本語翻訳版をオススメである。

ちなみに、Naverまとめで【すごいプレゼン】TEDを初めて見る人におすすめの10本というまとめがあるので、初めての人はまずそちらから視聴してみたら良いかと思う。ただし、英語を聞くだけでは、知らない単語がでてきたり、聞き取れずに意味が理解できなくなって、つまらなくなってしまう可能性がある。プレゼンテーションの内容を日本語で把握しておき、プレゼンテーターが話す英語がテキストベースで表示されているサイトはないかと探したところ、TED のすゝめ (英語 TED スーパープレゼンテーション)というサイトを見つけた。

このサイトでは、TEDのオススメ映像がまとめれらており、丁寧に日本語の要約とむずかしい単語の和訳がされており、英語のテキストベースで音声が言語化されているので、非常に便利である。

スクリーンショット 2013-05-20 19.42.42

 

プレゼンテーターの名前とプレゼン内容のタイトルがあるので、事前にどういう内容ざっくり分かる。

 

スクリーンショット 2013-05-20 19.43.24

 

 

日本語を読んでから、英語を聞くとより理解できる。また、聞き取れなかった英語を下記で振り返り、聞き取れるまで反復して流すことができる。

 

スクリーンショット 2013-05-20 19.43.38

 

ビジネス英語だけでなく、ビジネスに役立つアイディアを学ぶことができるので、一石二鳥の英語教材といえるし、最強の英語学習教材なのではないでしょうか。

2013/05/19 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

希少性の高い記事はアクセス増加の起爆剤

WordPressでブログを始めて、半年以上が経ちました。最初は1日10アクセスくらいしかなく、全然だめやん!って思って、アクセス数はどうやったら上がるか、いろいろと悩んでいました。 最近は継続して記...

続きを見る

【大人気】iPhoneアプリ『PUZZLE&DRAGONS(パズル&ドラゴンズ)』にみるアプリビジネスのスピンオフ戦略

iPhoneアプリでここまではまったのは久しぶりです。たいていのアプリはダウンロードをして、長くても数週間程度使って放置し、アプリのアップデートの際に削除する流れでしたが、『PUZZLE&DR...

続きを見る

検索エンジンのロボットに惚れさせるために必要な3つの考え方

過去の自分のブログを読み返していて、「恥ずかしいっ!」って思う人は多いのではないでしょうか? そのときは、至って真面目に考えて書いているのにも関わらず、今読み返すと「何、こいつ変なこと書いてるの?」「...

続きを見る

【TOP3】オススメ本ランキング

最近読んでる本でオススメの本を紹介します。 第3位 ほんとうに使える論理思考の技術/木田 知廣 ¥1,470 Amazon.co.jp ロジックで人を納得させて、心理で感情を動かす!論理思考について書...

続きを見る

『進撃の巨人』が現代社会を投影している理由〜家畜と社畜の類似点〜

『進撃の巨人』を野球マンガと勘違いした人は多いでしょう。実際は、巨人は巨人でも大型な人間という意味の巨人であり、野球は一切でてきません(笑)。『進撃の巨人』については先日ブログで書きましたので、こちら...

続きを見る