tikuson

ビジネス英語はTED(テッド)から学べ!最強の英語学習教材になり得るか?

スクリーンショット 2013-05-20 19.05.36

ビジネス英語を学びたいと思って、海外ドラマを見ている人は多いのではないか。海外ドラマでありがちなことは、Son of a bitch!(クソッタレ)とかGet out of my face!(オレの前から消え失せろ!)みたいな汚い英語がでてきて、ビジネスや日常英会話では使えない言葉が多々登場する。(もちろんちゃんとした海外ドラマもある)

海外ドラマは、英語耳にするための慣らし道具として、楽しく学べるという点では良いかと思う。実際にビジネス英語を勉強したいなら、TED(テッド)をオススメしたい。TEDは、Ideas worth spreading(広める価値のあるアイデア)を共有する場を提供しており、頭文字のテクノロジー(T)、エンターティメント(E)、デザイン(D)を主に扱い、著名人や専門家、一般企業のビジネスマンがインターネットを通じてビデオ映像を配信している。

無料で映像をみることができ、ビジネス英語の学習だけでなく、その道のプロの考えや発想がプレゼンテーションを通じて学ぶことができるのである。英語で聞いて、日本語の字幕を読んで学びたい人は、TEDの日本語翻訳版をオススメである。

ちなみに、Naverまとめで【すごいプレゼン】TEDを初めて見る人におすすめの10本というまとめがあるので、初めての人はまずそちらから視聴してみたら良いかと思う。ただし、英語を聞くだけでは、知らない単語がでてきたり、聞き取れずに意味が理解できなくなって、つまらなくなってしまう可能性がある。プレゼンテーションの内容を日本語で把握しておき、プレゼンテーターが話す英語がテキストベースで表示されているサイトはないかと探したところ、TED のすゝめ (英語 TED スーパープレゼンテーション)というサイトを見つけた。

このサイトでは、TEDのオススメ映像がまとめれらており、丁寧に日本語の要約とむずかしい単語の和訳がされており、英語のテキストベースで音声が言語化されているので、非常に便利である。

スクリーンショット 2013-05-20 19.42.42

 

プレゼンテーターの名前とプレゼン内容のタイトルがあるので、事前にどういう内容ざっくり分かる。

 

スクリーンショット 2013-05-20 19.43.24

 

 

日本語を読んでから、英語を聞くとより理解できる。また、聞き取れなかった英語を下記で振り返り、聞き取れるまで反復して流すことができる。

 

スクリーンショット 2013-05-20 19.43.38

 

ビジネス英語だけでなく、ビジネスに役立つアイディアを学ぶことができるので、一石二鳥の英語教材といえるし、最強の英語学習教材なのではないでしょうか。

2013/05/19 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

【カフェ】フリーランスの職場?

                フリーランスは組織に所属していないので、会社ではなく自宅やカフェで仕事をする人は多いと思...

続きを見る

ジブン銀行という考え方

最近、収入と支出のバランスが大切だと日々感じる中で、お金の使い方について、ざっくり考えてみました。 大きく分けて下記3つに分けて綴ります。 浪費・・・ムダ使い 消費・・・日常生活で使う出費 投資・・・...

続きを見る

2012年に読んだ一読の価値ある本〜BEST3〜

2012年に読んだ中で絶対に読んだ方がよい!と思ったオススメの本を紹介します。 Best 3 フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜  フリーエージェントとは、「インター...

続きを見る

【デザイン】Adobeソフトの特徴を簡単に紹介

WEBデザインを手がける上で、必要なAdobeのソフトは多種多様にある。Adobeの各々の特徴を簡単に紹介します。 ①Photoshop 写真の補正や加工、合成をすることができる。ビデオの編集や3Dデ...

続きを見る

大企業とベンチャーはプールと海の違い

社長が朝会で言っていたことが、印象的だったので紹介します。 大企業は、環境や仕組みが整備された「プール」を泳ぐものとすれば、ベンチャーは、ゴールの見えない荒波の「海」を泳いでいくような毎日。ベンチャー...

続きを見る