tikuson

(本)為末大著『諦める力』勝てないのは努力が足りないからじゃない

何を「普通」ととらえるかで人生が変わる

為末さんは、新たな一歩を進むためには「環境を変える」ことが手っ取り早いと考えています。特に気に入ったフレーズはこちらです。

人はすごいことをやって引き上げられるというよりは、「こんなの普通でしょ」と思うレベルの底上げによって引き上げられる。

なるほどと思いました。普段当たり前にやっていることは、その人の環境にとっては当たり前かもしれないけど、別の環境にいる人にとっては当たり前ではないと感じることは多々あります。

つまり、自分が「こうなりたい!こうありたい!」と思ったときに、実現しやすい環境にいるかどうかが重要であるということです。

人は環境に適応する能力があるため、長い間同じ環境にいた場合、慣れてしまって、今いる環境が当たり前だと勘違いをしてしまう可能性があります。そのときに、長く続けているからという理由で諦めないということは、時として時間を浪費してしまうことに繋がりかねません。

為末さんは、人生は可能性を減らしていく過程と捉えており、年を重ねるごとに選択肢の幅が狭まるという考えをもっています。

今自分が当たり前のように続けていることに対して疑問をもち、ポジティブに「諦める」という選択肢を選べるようになりたいと感じた一冊でした。

 

2013/06/01 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

色々悩んだ結果、iMacを購入しました。

今年の4月にMacbook Airを購入し、Windows歴8年の私がMacユーザの一員になりました。最初は、commandキーでなんだ?って思って、慣れるまで少し時間がかかったけど、今でもはMac最...

続きを見る

【動画】サイバーエージェント版「恋するフォーチュンクッキー」が面白くて美人すぎる件

サイバーエージェントのスタッフが出演する「恋するフォーチュンクッキー」の ミュージックビデオが面白くて美人社員が多かったので共有します(笑) まずこちらの動画をご覧ください。 サイバーエージェント版「...

続きを見る

【本】ハイ・コンセプト

初めてダニエル・ピンクの本を読んだが、この本はこれからの時代を生き残るためのバイブルだと実感した最高の良書である。 2006年に書かれた本ですが、今まさに日本に起きていることが書かれていて、 今後日本...

続きを見る

理由探しの逃げを止める

何かと理由をつけて、物事を先送りにしてはいけない。面倒くさいことを先送りにしても、必ずやらなければならない時がくるので、無駄に先に延ばしてしまうと、塵も積もれば効果でさらに面倒くさいことになる場合もあ...

続きを見る

【保存版】アフィリエイトで稼げる人の特徴まとめ

誰しもが一度は『アフィリエイトってぶっちゃけ稼げるの?』って思ったことがあると思います。この質問に対して、『ガンガン稼げる人もいるし、全く稼げない人もいる』という答えが正解です。当たり前だろってツッコ...

続きを見る