tikuson

(本)為末大著『諦める力』勝てないのは努力が足りないからじゃない

何を「普通」ととらえるかで人生が変わる

為末さんは、新たな一歩を進むためには「環境を変える」ことが手っ取り早いと考えています。特に気に入ったフレーズはこちらです。

人はすごいことをやって引き上げられるというよりは、「こんなの普通でしょ」と思うレベルの底上げによって引き上げられる。

なるほどと思いました。普段当たり前にやっていることは、その人の環境にとっては当たり前かもしれないけど、別の環境にいる人にとっては当たり前ではないと感じることは多々あります。

つまり、自分が「こうなりたい!こうありたい!」と思ったときに、実現しやすい環境にいるかどうかが重要であるということです。

人は環境に適応する能力があるため、長い間同じ環境にいた場合、慣れてしまって、今いる環境が当たり前だと勘違いをしてしまう可能性があります。そのときに、長く続けているからという理由で諦めないということは、時として時間を浪費してしまうことに繋がりかねません。

為末さんは、人生は可能性を減らしていく過程と捉えており、年を重ねるごとに選択肢の幅が狭まるという考えをもっています。

今自分が当たり前のように続けていることに対して疑問をもち、ポジティブに「諦める」という選択肢を選べるようになりたいと感じた一冊でした。

 

2013/06/01 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

2012年に読んだ一読の価値ある本〜BEST3〜

2012年に読んだ中で絶対に読んだ方がよい!と思ったオススメの本を紹介します。 Best 3 フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜  フリーエージェントとは、「インター...

続きを見る

フリーランスの武器について

最近「フリーランス」や「ノマドワーカー」という言葉をよく聞く。会社に所属せずに自宅やカフェで仕事をするスタイルで、現代社会の多様化した働き方の一つである。 会社員ではないので、毎月定期的に給料を支払わ...

続きを見る

実際にNAVERまとめを作ってみた件

    SNSの普及やスマートフォン登場などのような技術革新によって、昔と比べてより個人が意見を発信しやすい環境になり、カリスマブロガーや著名人のブログなど、インターネット上におい...

続きを見る

シェアハウスの台頭

最近、シェアハウスに住む友人が多くなってきたと感じる。シェアハウスに住むメリットとしては、比較的低コストで住むことができ、また一緒に住むメンバーと意見やアイディアを交換することができるので、ビジネスに...

続きを見る

引っ越しが趣味になった顛末

家族が転勤族だったこともあり、生まれてから26年経ちますが、かれこれ15回くらいは引っ越しをしています。ここまで引っ越しを繰り返すと、逆に『俺は引っ越し王になる!』という目標すら掲げたくなるレベルです...

続きを見る