tikuson

(本)為末大著『諦める力』勝てないのは努力が足りないからじゃない

何を「普通」ととらえるかで人生が変わる

為末さんは、新たな一歩を進むためには「環境を変える」ことが手っ取り早いと考えています。特に気に入ったフレーズはこちらです。

人はすごいことをやって引き上げられるというよりは、「こんなの普通でしょ」と思うレベルの底上げによって引き上げられる。

なるほどと思いました。普段当たり前にやっていることは、その人の環境にとっては当たり前かもしれないけど、別の環境にいる人にとっては当たり前ではないと感じることは多々あります。

つまり、自分が「こうなりたい!こうありたい!」と思ったときに、実現しやすい環境にいるかどうかが重要であるということです。

人は環境に適応する能力があるため、長い間同じ環境にいた場合、慣れてしまって、今いる環境が当たり前だと勘違いをしてしまう可能性があります。そのときに、長く続けているからという理由で諦めないということは、時として時間を浪費してしまうことに繋がりかねません。

為末さんは、人生は可能性を減らしていく過程と捉えており、年を重ねるごとに選択肢の幅が狭まるという考えをもっています。

今自分が当たり前のように続けていることに対して疑問をもち、ポジティブに「諦める」という選択肢を選べるようになりたいと感じた一冊でした。

 

2013/06/01 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

市場価値よりも希少価値高く

            会社の売り上げの8割は2割のクライアントで成り立っていて、その2割のクライアントとの取引がなくなると売上がガタンと急...

続きを見る

【動画】サイバーエージェント版「恋するフォーチュンクッキー」が面白くて美人すぎる件

サイバーエージェントのスタッフが出演する「恋するフォーチュンクッキー」の ミュージックビデオが面白くて美人社員が多かったので共有します(笑) まずこちらの動画をご覧ください。 サイバーエージェント版「...

続きを見る

豹は何を求めて頂上まで登ったのか?

アーネスト・ヘミングウェイの短編小説である『キリマンジャロの雪』の中の文章が印象的だったので紹介します。 標高5895mというアフリカ大陸最高峰の『キリマンジャロ』の山頂で、干からびて凍りついた一頭の...

続きを見る

2013年の抱負について

          2013年がスタートしたので、今年をどんな年にしたいか書いてみます。 自己投資の年 今年で26歳になります。20代は数多くの失敗や...

続きを見る

一度は使ってみたいカッコいい英語のフレーズBest5

  海外ドラマや英語をみていて、『このセリフ、めっちゃカッコいい』と思うことがよくある。日本でもアニメやマンガのセリフなどでNaverまとめで名言が取り上げられたりするが、日本だけでなく海外...

続きを見る