tikuson

Facebookはオワコン化するのか?Facebook疲れを加速させる3大正直しんどい

Facebook

朝起きたら、まずはFacebookチェック。電車の中でもFacebookチェック。昼休みもFacebookチェック。夜寝る前にもFacebookチェック。1日何回Facebookを確認すれば気が済むのだろうか。

テレビのスイッチをポチっとする感覚で、気づいたらFacebookをダラダラとながめて、ムダな時間が流れていく。たしかに見ているのは面白い。昔の友人が近況報告をしていたり、よく遊ぶ友人が美味い店をアップしていたり、旅行していたり、結婚式の写真がアップされたり、、、ざっくりと特徴を挙げるとこのようになる。

  • だれかに構って欲しい小悪魔Facebook女子。⇒例)ひまだななぁ〜、渋谷で時間空いちゃった^^(テヘペロ)
  • BBQやホームパーティーでリア充アピールFacebook男子。⇒例)2日連続でBBQ!楽しすぎて幸せすぎる〜
  • もう2日寝てない、、、寝てないアピールFacebook男子。⇒例)一昨日から全く寝てないけど、これから合コン(汗)朝までコースかなw
  • ネイルや手料理をアップする女子力アピールFacebook女子。⇒例)ラメラメにして夏先取り^3^
  • 私の人生の中で1番幸せであり、、、、Facebookブログ化男子。⇒例)読み終わるのに5分くらい要するめっちゃ長い投稿。

ソーシャルメディア上で自身を圧倒的に粉飾して、新たな自分像を演じる(ペルソナ化)。

個性はひとそれぞれあって、私自身も時にはアホなことを共有したり、美味いものを食べている写真をアップしたりと、適当に楽しくつかっている。しかし、楽しい反面、正直しんどいと感じる時もある。

 

▼Facebookの3大正直しんどい

 

①謎の美女軍団やキャラクター、同姓ばかり申請するFacebooker

お、可愛いと思ってついつい承認してしまった、、、という人も中にはいるかと思う。業者のおっさんが美女のプロフィール写真や情報を登録して、おっさんに申請するという場面を想像したたけでも、シュールで笑えてしまう。

美女だけでなく、ミッキーのキャラクターなどで可愛い感じでアプローチをしたり、なぜか自分と同姓の人ばかりが友達になっているアカウントに遭遇したり、、、もはや気持ちが悪い。

しまいには、自身の友人と同姓同名のアカウントで申請してくる輩もいる。もうやりたい放題。偽のアカウントでひたすら友達申請をされ続けるとさずがに疲れてしまう。

 

②偉人の名言、格言、教訓 + Amazonのリンク

誰もが知っている偉人の名言や芸能人のエピソードなど、教訓じみた投稿が多々見られ、読んでいるとたしかに興味深い内容となっている。感動する話は、共感されてシェアされやすく、その文章を読んで実際に元気がでる人も少なからずいるでしょう。

ここまでは良いんです。ただ、文章の最後にリンクが貼付けてあって、名言のまつわる本やらDVD、セミナーなどがあると、正直しんどい。

 

③イベント誘われる ⇒招待済み8000人

イベントに誘われるのはウェルカムですし、嬉しいと感じる人は多いと思う。でも、誘われたイベントのページに行くと、招待済みの人が多すぎると、正直しんどい。定員30名に対して8000人とか招待済みだった時は、どんだけ集客に困ってんねん!ってツッコミを入れざるを得ない。

もし定員30名に対して、招待済みの人が2倍の60人程度だったら、まだわかる。これが10倍を超えると、これって自分が参加しなくてもよくない?という心理になってしまう。

 

Facebookがライフスタイルに密着して、変化をもたらしたことは多分にある。しかし、Facebookで一喜一憂して、ストレスや嫉妬を感じて、かえって不幸になってしまう人もいるのではないかと思う。

Facebookに投稿される内容を鵜呑みにするのではなく、行間をしっかり読んで、上手に付き合っていくことが大切である。Facebookがオワコンと感じるか、インフラとなって支え続けるかはあなた次第の関わり方によって決まる。

あなたはどんな時にFacebook疲れを感じますか?

 

2013/06/04 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

【大人気】iPhoneアプリ『PUZZLE&DRAGONS(パズル&ドラゴンズ)』にみるアプリビジネスのスピンオフ戦略

iPhoneアプリでここまではまったのは久しぶりです。たいていのアプリはダウンロードをして、長くても数週間程度使って放置し、アプリのアップデートの際に削除する流れでしたが、『PUZZLE&DR...

続きを見る

バイラルメディア 2.0到来?〜自然淘汰と収益化の鍵〜

バイラルメディアという言葉をご存知だろうか? 今アメリカで急成長しているメディアで、従来のSEOによる流入を促すメディアではなく、FacebookやTwitterといったソーシャルメディアを軸として拡...

続きを見る

自己実現の欲求と「何のために働くのか」ということについて

仕事とプライベートをはっきり分けて、バランスよく生活するという、ワークライフバランスの考えに疑問を感じています。 仕事とプライベートはトレードオフの関係ではないし、優先順位をつけて時間配分を調整して生...

続きを見る

価値の付加と孵化

目黒に引っ越しをしてから、目黒、中目黒、不動前、五反田、大崎あたりを自転車で行って、美味しい料理屋や落ち着けるカフェや面白い店を開拓しています。 夜不動前にあるK-POPの居酒屋を通った時に窓越しに店...

続きを見る

cakes(ケイクス)登場!デジタルコンテンツプラットフォームの確立へ

9月11日にコンテンツ配信プラットフォームのcakes(ケイクス)が オープンしたので早速課金して読んでみました。 cakes(ケイクス)とは? ベストセラー作家や学者、人気ブロガーなど、多様な著名人...

続きを見る