tikuson

人はなぜプロセスに価値を感じるのか?


100%オレンジジュースはオレンジを絞ったら、できあがる。至極当然のことであるが、100%オレンジジュースという響きだけでは、価値を存分に感じないことがある。

オレンジが絞られてできたという当たり前のプロセスを考えることなく、ただそこにあるオレンジジュースがあるという事実だけを受け取る。

例えば、このオレンジジュースは10個のオレンジを絞ってできあがったものであるという事実があったとしても、その事実を知らないとただの100%オレンジジュースという言葉だけの価値しか感じない。

オレンジを絞っている様子や、できあがったオレンジジュースに使用したオレンジの殻を10個並べるという、プロセスを訴求することで、「あ、このオレンジジュースは10個もオレンジ使ってできたんだぁー」と感じ、急に贅沢なものであると感じてしまう傾向にある。

完成物だけでなく、完成に至るプロセスやストーリーをアピールすることで、より価値を感じさせる演出ができるのである。

同じものでも、使っている原材料や作っている人などのプロセスで差別化を図ることで、消費者の心をくすぐるアピールポイントとなる。

結果がすべてである、ということはもちろんそうだが、その結果に至るプロセスの中での創意工夫や、他とは違う独自の切り口で作り上げたなどの要因があれば、結果に伴う付加価値としてプロセスをアピールして、より価値を感じてもらうこともよいかと思う。

価値は手間ひまかけた時間や希少性が源泉となっている。例えば、「100年間付け足してできあがった秘伝のたれを使用しています!」や、「南アフリカにしか生えていない○○植物の繊維で丹念に作られたサンダルです!」という具合に。

普段、何気なく買い物をしている中で、気づかないうちにプロセス訴求の商品を買っているかもしれない。商品を買う前に、なんで買おうと思ったのか?という点を意識することで、新しい気付きが得られるかもしれない。

2013/07/13 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

努力はしない方がいい

自分はこんなに努力しているのに、なんで報われないんだろう?って考えている人は、イマイチだと思う。努力は自分自身が決めるものではなく、他者によって決められるものだと思うから。 本当に努力している人は、そ...

続きを見る

『縦』の繋がりも大事だけど、『横』の繋がりもね!

学生時代と比べて社会人になると、利害関係なしで付き合える友人ができる機会が減ってしまったと感じる。 平日の大半が仕事の時間となり、休日は会社の人や大学時代の仲の良い友人にあって過ごすという人は多いと思...

続きを見る

『パブロとブルーノの物語』にみるお金と時間の関係性

『パブロとブルーノの物語』を知っているでしょうか? パブロとブルーノは経済的自立を求めて、全く異なる道を歩みます。その結果がもたらす教訓を10分の動画で紹介しています。 まずはこちらをご覧ください。 ...

続きを見る

【WordPressネタ】Blue Adminで管理画面をFacebook風に変更できるプラグイン

        Word Pressでは、プラグインを使うことで簡単に便利な機能を追加することができます。表示高速化用のプラグインやSEO対策用のプラグインなど...

続きを見る

(本)沢田 高士 「アダルトサイトの経済学」

  アダルトサイトの経済学 posted with ヨメレバ 沢田 高士 幻冬舎 2012-12-19 Amazon アダルトサイトの収益モデルや、アダルトアフィリエイトサイトの作り方、副業...

続きを見る