tikuson

人はなぜプロセスに価値を感じるのか?


100%オレンジジュースはオレンジを絞ったら、できあがる。至極当然のことであるが、100%オレンジジュースという響きだけでは、価値を存分に感じないことがある。

オレンジが絞られてできたという当たり前のプロセスを考えることなく、ただそこにあるオレンジジュースがあるという事実だけを受け取る。

例えば、このオレンジジュースは10個のオレンジを絞ってできあがったものであるという事実があったとしても、その事実を知らないとただの100%オレンジジュースという言葉だけの価値しか感じない。

オレンジを絞っている様子や、できあがったオレンジジュースに使用したオレンジの殻を10個並べるという、プロセスを訴求することで、「あ、このオレンジジュースは10個もオレンジ使ってできたんだぁー」と感じ、急に贅沢なものであると感じてしまう傾向にある。

完成物だけでなく、完成に至るプロセスやストーリーをアピールすることで、より価値を感じさせる演出ができるのである。

同じものでも、使っている原材料や作っている人などのプロセスで差別化を図ることで、消費者の心をくすぐるアピールポイントとなる。

結果がすべてである、ということはもちろんそうだが、その結果に至るプロセスの中での創意工夫や、他とは違う独自の切り口で作り上げたなどの要因があれば、結果に伴う付加価値としてプロセスをアピールして、より価値を感じてもらうこともよいかと思う。

価値は手間ひまかけた時間や希少性が源泉となっている。例えば、「100年間付け足してできあがった秘伝のたれを使用しています!」や、「南アフリカにしか生えていない○○植物の繊維で丹念に作られたサンダルです!」という具合に。

普段、何気なく買い物をしている中で、気づかないうちにプロセス訴求の商品を買っているかもしれない。商品を買う前に、なんで買おうと思ったのか?という点を意識することで、新しい気付きが得られるかもしれない。

2013/07/13 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

【アプリ開発】Objective-C習得に向けて

Xcodeの使用にはだいぶ慣れてきたけど、プログラミング言語のObjective-Cは一筋縄ではいかないと、日々奮闘する毎日。 参考書からコードをコピペしてそのまま打ち込めば、ある程度簡単なアプリを開...

続きを見る

社会人になってから学んだ3つの心得

                社会人になって、仕事をしていく上で、自分には、かなり足りないって思うところが多々あって、...

続きを見る

【WordPressネタ】Blue Adminで管理画面をFacebook風に変更できるプラグイン

        Word Pressでは、プラグインを使うことで簡単に便利な機能を追加することができます。表示高速化用のプラグインやSEO対策用のプラグインなど...

続きを見る

クラウドソーシングの台頭〜ITスキルの向上と可視化が必要不可欠〜

クラウドソーシングという言葉を聞いたことがありますか? クラウドソーシング(crowdsourcing)とは、群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、不特定多数の一般の人...

続きを見る

社畜化するサラリーマンがいち早くビジネスマンになるべき理由

  snooze / istolethetv   サラリーマンと言われると、なぜか腹が立つ。会社員であれば、みんなサラリーマンであり、サラリー(給料)をもらって働いている。 &nb...

続きを見る