tikuson

人はなぜプロセスに価値を感じるのか?


100%オレンジジュースはオレンジを絞ったら、できあがる。至極当然のことであるが、100%オレンジジュースという響きだけでは、価値を存分に感じないことがある。

オレンジが絞られてできたという当たり前のプロセスを考えることなく、ただそこにあるオレンジジュースがあるという事実だけを受け取る。

例えば、このオレンジジュースは10個のオレンジを絞ってできあがったものであるという事実があったとしても、その事実を知らないとただの100%オレンジジュースという言葉だけの価値しか感じない。

オレンジを絞っている様子や、できあがったオレンジジュースに使用したオレンジの殻を10個並べるという、プロセスを訴求することで、「あ、このオレンジジュースは10個もオレンジ使ってできたんだぁー」と感じ、急に贅沢なものであると感じてしまう傾向にある。

完成物だけでなく、完成に至るプロセスやストーリーをアピールすることで、より価値を感じさせる演出ができるのである。

同じものでも、使っている原材料や作っている人などのプロセスで差別化を図ることで、消費者の心をくすぐるアピールポイントとなる。

結果がすべてである、ということはもちろんそうだが、その結果に至るプロセスの中での創意工夫や、他とは違う独自の切り口で作り上げたなどの要因があれば、結果に伴う付加価値としてプロセスをアピールして、より価値を感じてもらうこともよいかと思う。

価値は手間ひまかけた時間や希少性が源泉となっている。例えば、「100年間付け足してできあがった秘伝のたれを使用しています!」や、「南アフリカにしか生えていない○○植物の繊維で丹念に作られたサンダルです!」という具合に。

普段、何気なく買い物をしている中で、気づかないうちにプロセス訴求の商品を買っているかもしれない。商品を買う前に、なんで買おうと思ったのか?という点を意識することで、新しい気付きが得られるかもしれない。

2013/07/13 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

omiaiのiPhone版アプリリリース

1/5よりomiaiのiPhone版アプリがリリースされました。omiaiについては過去に記事に書きましたので、こちらを読んで頂ければと思います。⇒Facebook(フェイスブック)を活用した日本最大...

続きを見る

2012年に読んだ一読の価値ある本〜BEST3〜

2012年に読んだ中で絶対に読んだ方がよい!と思ったオススメの本を紹介します。 Best 3 フリーエージェント社会の到来 〜「雇われない生き方」は何を変えるか〜  フリーエージェントとは、「インター...

続きを見る

give&giveの精神

                give&takeという言葉がある。自ら与える(give)ことによって、得るもの(tak...

続きを見る

【格言】常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクション

『常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションである』by アインシュタイン。 子供の時に、よく親に『これは何?どうしてなの?なんで?』というように、なぜなぜ質問をした人は多いと思う。 その子供...

続きを見る

新しいことに挑戦する時は、ネガポジ作戦を有効的に使うことが大切

新しいにことに挑戦するときに不安はつきものである。ただし、必要以上に不安になり、ネガティブな思考に陥ってしまい、行動を恐れてはいけないと思う。 『ネガティブ・バイアス』それは、人はポジティブなことより...

続きを見る