tikuson

人はなぜプロセスに価値を感じるのか?


100%オレンジジュースはオレンジを絞ったら、できあがる。至極当然のことであるが、100%オレンジジュースという響きだけでは、価値を存分に感じないことがある。

オレンジが絞られてできたという当たり前のプロセスを考えることなく、ただそこにあるオレンジジュースがあるという事実だけを受け取る。

例えば、このオレンジジュースは10個のオレンジを絞ってできあがったものであるという事実があったとしても、その事実を知らないとただの100%オレンジジュースという言葉だけの価値しか感じない。

オレンジを絞っている様子や、できあがったオレンジジュースに使用したオレンジの殻を10個並べるという、プロセスを訴求することで、「あ、このオレンジジュースは10個もオレンジ使ってできたんだぁー」と感じ、急に贅沢なものであると感じてしまう傾向にある。

完成物だけでなく、完成に至るプロセスやストーリーをアピールすることで、より価値を感じさせる演出ができるのである。

同じものでも、使っている原材料や作っている人などのプロセスで差別化を図ることで、消費者の心をくすぐるアピールポイントとなる。

結果がすべてである、ということはもちろんそうだが、その結果に至るプロセスの中での創意工夫や、他とは違う独自の切り口で作り上げたなどの要因があれば、結果に伴う付加価値としてプロセスをアピールして、より価値を感じてもらうこともよいかと思う。

価値は手間ひまかけた時間や希少性が源泉となっている。例えば、「100年間付け足してできあがった秘伝のたれを使用しています!」や、「南アフリカにしか生えていない○○植物の繊維で丹念に作られたサンダルです!」という具合に。

普段、何気なく買い物をしている中で、気づかないうちにプロセス訴求の商品を買っているかもしれない。商品を買う前に、なんで買おうと思ったのか?という点を意識することで、新しい気付きが得られるかもしれない。

2013/07/13 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

【第2回目】企画+デザイン+プログラミング=アプリ開発

アプリ開発をする上で企画・デザイン・プログラミングの3つの役割が必要となる。 ①企画 まずはどんなアプリを作るのか?という企画から始まる。 アプリを作る目的やターゲット層、販売価格などの詳細を明確にす...

続きを見る

目的を明確化しない限り続かない3つの理由

  散歩をしていて、気づいたら富士山の頂上にいたという人はいないだろう。富士山に登るという明確な目標があって、登ったときの達成感を味わいたいという目的があることで、はじめて行動にうつすことが...

続きを見る

【便利すぎる!】3分動画でマスターできる初心者向けプログラミング学習サイト『ドットインストール』

最近、プログラミング学習サイト『ドットインストール』を使っているのですが、プログラミングが初心者の人にもわかりやすく解説されていて、非常に便利なので紹介したいと思います。 無料で使えてサクサク学習でき...

続きを見る

対人感受性能力を磨くこと

                社会人になって、2年が経った。入社して1年目は、とにかくがむしゃらに働いて、自分の力で給...

続きを見る

時間とお金はどちらが大切か?という件について

時間とお金はどちらが大切なのだろうか?と、外を歩きながら考えてみた。 時間は裕福な人であろうが、貧しい人でも平等に1日24時間与えられている。一方、お金は平等のものではなく、多く所有している人もいれば...

続きを見る