tikuson

(本)DeNA創業者の南場 智子氏著書『不格好経営』チームDeNAの挑戦

不格好経営―チームDeNAの挑戦

南場 智子 日本経済新聞出版社 2013-06-11
売り上げランキング : 28
 

by ヨメレバ

3年前に就職活動をしていて、DeNAの説明会に参加した時に、初めて南場さんに会った。学生の前で会社の説明をする南場さんは、経営者というよりかは活発で饒舌な大阪のオバちゃんみたいな印象を受けた。

というのも、世界最高峰のコンサルティング会社であるマッキンゼー出身の経営者というイメージが強かったため、ロジカルで固い経営者であろうと思い込んでいたため、ギャップがとても意外であった。

学生目線でわかりやすく事業を説明しており、DeNAはピラミッド型の組織ではなく、ひとりひとりが表面積を担う「球体型」の組織であるという言葉が印象的であった。

今回、南場さんが初めて本を出すということで、これは読むしかない!っと思って、早速読んでみましたが、非常にオススメの本です。

マッキンゼー時代の話や幼少期の家族の話、DeNA創業に至る過程やサービスリリース時の苦悩、優秀な人材の確保、夫の病気に伴う代表取締役辞任の決断など、これまでの南場さんの人生が凝縮された一冊になっている。

南場さんの起業のきっかけや資金調達の話など、これまでに明かされていない事柄、恥ずかしい体験談や泥臭い道のりが、南場さんの生の声としてざっくばらんに書いてある。

不格好経営とは?

本のタイトルである、不格好経営。不格好を辞書で調べると、「格好の悪いこと。みっともないこと。また、そのさま。」とあり、本書もその内容が反映されているのだろうと思っていた。

しかし、不格好どころか、非常に格好いい経営だと感じた。もちろん、創業期の自転車操業的な活動の数々は、コンサルタントという(格好いい?)イメージからはかけ離れており、泥臭さが満載の内容になっている。

ただ、南場さんのぶれない軸や、思ったことをズバズバいう性格、負けず嫌いなところや意思決定プロセスにおいては、読んでいて清々しささえ感じる。

マッキンゼーで学んだコンサルタントとしての能力と、事業を起こす経営者の能力は別ものであると捉えており、「unlearning」という言葉を使用しており、コンサルタントの経験で学んだことに縛られないよう努力していたことが伺える。

よく学生が「将来、起業したいから、まずはコンサルティングの会社にいって力をつける」という考えをもつ傾向にあるだ、本書を読めば、コンサルタントと事業化は別の能力が必要であるということを、南場さんの実体験を通して理解することができる。

コンサルタントは、第3者として経営のコンサルティングを行い、「こうすべきだ」という指南においてはプロフェッショナルなるであるが、「こうします」という意思決定は経営者が判断を下さなければいけない。

判断を下すには、責任が伴うし、勇気もいる。失敗すれば倒産するリスクもあるが、コンサルタントは職を失うわけではない。この違いは大きい。

南場さんの卓越した能力だけでなく、周りでサポートする経営陣やDeNA社員の支えがあったからこそ、今のDeNAがあるのだと感じた人間臭い最高の一冊である。

2013/07/15 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

フリーランスの武器について

最近「フリーランス」や「ノマドワーカー」という言葉をよく聞く。会社に所属せずに自宅やカフェで仕事をするスタイルで、現代社会の多様化した働き方の一つである。 会社員ではないので、毎月定期的に給料を支払わ...

続きを見る

同窓会のジレンマ〜働き方の多様性と自身への問い〜

Facebookユーザ増加に伴い、昔の友人と容易に繋がることができ、連絡をとったり、小学校や中学校の同窓会をするなどのイベントが増えたのではないでしょうか? Facebookでイベントのグループを作っ...

続きを見る

最強のフレームワーク

本を読んでいて、このフレームワークは使えるというものがあったので、2つ紹介したいと思います。 【人の課題を分析するときのフレームワーク】 仕事でも、プライベートでも、何かしらの解決しなければならない課...

続きを見る

【SEO】なぜGoogleは人間化するのか?

最近、Googleは検索エンジンのアップデートによって、ユーザーにとって本当に役に立つサイトを上位に表示させようと頻繁に動いています。パンダやペンギンのアップデート後、圏外に飛んでしまったサイトや、ス...

続きを見る

【教訓】ウサギと亀の件

【ウサギと亀の話】 イソップ物語で、ウサギと亀が追いかけっこする話は有名だと思います。教訓として、最終的にはコツコツと努力する人が勝つということが言われていると思います。 亀が鈍足でも、地道に歩を進め...

続きを見る