tikuson

投資版ドラゴン桜!最新作『インベスターZ』の感想

インベスターZ(1) (モーニングKC)

三田 紀房 講談社 2013-09-20
売り上げランキング :

by ヨメレバ

『インベスターZ』のあらすじ

ドラコン桜の作者である三田 紀房が最新作『インベスターZ』をリリースしました。『インベスターZ』は投資マンガで、中高一貫の道塾学園にTOPの成績で入学した主人公、財前孝史の物語です。

 

道塾学園のでは裏で学校の運営費をまかなうために設けられた「投資部」が密かにあり、毎年学年のTOPの生徒だけを入部させる慣習になっています。

 

中高の各学年のTOPが集まり、6人で3000億円を8%の利回りで運用することをミッションにしており、稼いだお金は学園の運用費に充てられているため、道塾学園の学費は全生徒タダになっている。

 

野球部に入部をしようと考えていた財前が、だまされて「投資部」に連れていかれ、最初に麻雀を行うところから始まります。麻雀に興味を持つが、株式投資はど素人のため不安もあったら、麻雀がやりたくて入部します。

 

そして入部してすぐに株の口座開設を行い、財前のイニシャルの「Z」をユーザー名にして、インベスター(投資家)Zが始動します。

『インベスターZ』動画

あらすじが動画になっていました。

 

投資マンガという新しい切り口が面白い

ドラゴン桜の作書である三田 紀房はこれまで下記作品をリリースしています。

  • ドラゴン桜 :教育をテーマにした大学受験のマンガ
  • 銀のアンカー:就職をテーマにしたマンガ
  • マネーの拳 :起業をテーマにしたマンガ
  • エンゼルバンク:転職をテーマにしたマンガ

 

今回『インベスターZ』では投資をテーマにしており、これまでとは違う切り口で展開されています。株の投資マンガという、これまでにありそうでなかったジャンルであり、しかも中学から高校生が株で学園資金を調達しているというユニークな視点が斬新です。

 

1巻では、投資部のミッションやお金がいつ生まれて、どういう役割を担っているのか?という、そもそもお金ってなんだっけ?という成り立ちが解説されています。

 

マンガの絵は少しクオリティーは低い(今までの描画と大体同じ)かと思うけど、内容は本質を突いているため、投資に興味があるひとは面白いと感じると思います。これからの続編に期待です。

 

ちなみに以前、エンゼルバンクについてブログで書きましたが、三田 紀房の本は名言が多いので、ハッと気づかされることが多いです。

 

今までドラゴン桜しか読んだことない人は、三田 紀房の別の作品を読んでみることをオススメします。

 

ではでは。

2013/10/27 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

【相関と因果】料理とビジネスの関係について

相関関係と因果関係について熱く語るシリーズ。 第1弾は【料理とビジネス】 そもそも、相関関係ってなんじゃいって言うと、 例)①寒ければ寒いほど、ホッカイロが売れる ②寒ければ寒いほど、マフラーが売れる...

続きを見る

omiaiのiPhone版アプリリリース

1/5よりomiaiのiPhone版アプリがリリースされました。omiaiについては過去に記事に書きましたので、こちらを読んで頂ければと思います。⇒Facebook(フェイスブック)を活用した日本最大...

続きを見る

【第1回目】iPhoneアプリ開発の道のり

        普段、iPhoneアプリを使っていて、「自分でもアプリを作って、アップルストアに公開したい!」と思い立ち、先日、MacBook Airを購入して...

続きを見る

当たり前のことに疑問を感じて、考えることが大事。

スーパーのレジに並んでいて、ふと感じたことを書きます。レジがめっちゃ混んでいて行列ができている時に、いかに早く会計を終わらせることができるか?ということに問題意識を持っていて←(どんな問題意識だw) ...

続きを見る

個人間マーケットプレイス(C to Cマーケットプレイス)の台頭

最近、オンライン上で個人間でやりとりを行うサービスに注目をしていて、今回特に面白いと感じた個人間サービスを紹介したいと思います。 ▼個人間マーケットプレイスのいろいろ ① Abilie(アビリエ) ┗...

続きを見る