tikuson

投資版ドラゴン桜!最新作『インベスターZ』の感想

インベスターZ(1) (モーニングKC)

三田 紀房 講談社 2013-09-20
売り上げランキング :

by ヨメレバ

『インベスターZ』のあらすじ

ドラコン桜の作者である三田 紀房が最新作『インベスターZ』をリリースしました。『インベスターZ』は投資マンガで、中高一貫の道塾学園にTOPの成績で入学した主人公、財前孝史の物語です。

 

道塾学園のでは裏で学校の運営費をまかなうために設けられた「投資部」が密かにあり、毎年学年のTOPの生徒だけを入部させる慣習になっています。

 

中高の各学年のTOPが集まり、6人で3000億円を8%の利回りで運用することをミッションにしており、稼いだお金は学園の運用費に充てられているため、道塾学園の学費は全生徒タダになっている。

 

野球部に入部をしようと考えていた財前が、だまされて「投資部」に連れていかれ、最初に麻雀を行うところから始まります。麻雀に興味を持つが、株式投資はど素人のため不安もあったら、麻雀がやりたくて入部します。

 

そして入部してすぐに株の口座開設を行い、財前のイニシャルの「Z」をユーザー名にして、インベスター(投資家)Zが始動します。

『インベスターZ』動画

あらすじが動画になっていました。

 

投資マンガという新しい切り口が面白い

ドラゴン桜の作書である三田 紀房はこれまで下記作品をリリースしています。

  • ドラゴン桜 :教育をテーマにした大学受験のマンガ
  • 銀のアンカー:就職をテーマにしたマンガ
  • マネーの拳 :起業をテーマにしたマンガ
  • エンゼルバンク:転職をテーマにしたマンガ

 

今回『インベスターZ』では投資をテーマにしており、これまでとは違う切り口で展開されています。株の投資マンガという、これまでにありそうでなかったジャンルであり、しかも中学から高校生が株で学園資金を調達しているというユニークな視点が斬新です。

 

1巻では、投資部のミッションやお金がいつ生まれて、どういう役割を担っているのか?という、そもそもお金ってなんだっけ?という成り立ちが解説されています。

 

マンガの絵は少しクオリティーは低い(今までの描画と大体同じ)かと思うけど、内容は本質を突いているため、投資に興味があるひとは面白いと感じると思います。これからの続編に期待です。

 

ちなみに以前、エンゼルバンクについてブログで書きましたが、三田 紀房の本は名言が多いので、ハッと気づかされることが多いです。

 

今までドラゴン桜しか読んだことない人は、三田 紀房の別の作品を読んでみることをオススメします。

 

ではでは。

2013/10/27 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

社会人になってから学んだ3つの心得

                社会人になって、仕事をしていく上で、自分には、かなり足りないって思うところが多々あって、...

続きを見る

iPhone 5 Official Video 大阪弁バージョンが面白くて吹いた!

iPhone 5が9月21日に発売されるとのことで、色々調べていたところ、ふと下記動画を見つけて再生したら、予想以上に面白かったので紹介します。 ウケ狙いでしょう(笑)ってツッコミを入れたくなるところ...

続きを見る

なぜアフィリエイターはクラウドソーシングを活用するのか?

  ランサーズやクラウドワークスといった、クラウドソーシングのサービスが拡大するにつれて、個人がビジネスをより所有しやすくなったと思う。   1年前からランサーズを使っていて、ため...

続きを見る

顔面広告と絶対領域広告にみる広告スペースの価値

広告とは、より露出され目立つところに掲載し、ブランディングや認知度アップ、商品販促の促進を図るなどの目的のために出稿するものである。 つまり、多くの人に見られるところに広告スペースとしての価値が生まれ...

続きを見る

会社員と個人の働き方について

組織に所属して働く人(会社員)や個人で働く人(フリーランス/個人事業主)など、働き方の多様化が進んでいると感じる。 会社員とフリーランスでは、どっちが1番良いか?っていう議論は意味ない。人それぞれ価値...

続きを見る