tikuson

(本)『一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック』高橋フミアキ著

 

本屋で気になって『一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック』という本を購入した。

 

普段のメールでもブログでも、サイトのコンテンツにも、

 

文章を書くことは共通していて、

 

いかに魅力的な文章を書くかという点に苦労しているひとは多いと思う。

 

もちろん慣れや経験値によるところが大きいが、

 

タイトルの付け方や見出しの書き方は、

 

テクニックがあり、型を覚えることが大事なのではないかと思う。

 

WEBの世界では、いかに素晴らしい文章や斬新な切り口で文章が書かれていても、

 

読まれないと、何の意味もない。宝の持ち腐れである。

 

読まれる文章というものは、法則性があり、

 

それは、タイトルの付け方であったり、

 

文章の出だしの部分が重要な要素を占めていて、

 

そこを磨かないと読まれずに通り過ぎてしまう。

 

読める文章ではなく、読んでもらえる、相手に伝わる文章が大事で、

 

この本ではその読んでもらえるためのプロセスが丁寧に書かれている。

 

よくあるダメな例と心をつかむ書き出しのように、

 

悪い例をどうすれば良くなるか?という思考プロセスが、

 

具体的な事例とともに解説されているので、

 

非常にわかりやすく、目から鱗が飛び出る内容が満載である。

 

仕事でライティング業務に関わるひと以外でも、

 

ブログを書いているひとや、サイトを作成しているなど、

 

相手にいかに読んでもらえるか?ということに悩んでいるひとに

 

オススメの一冊である。

 

『伝え方が9割』という本も素晴らしい内容であったが、

 

『一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック』も最高の良書だった。

 

そばに置いて、タイトルの付け方や文章の書き方で悩んだときに、

 

すぐに読めるよう、書き方のバイブルとしてボロボロにするまで使おうと思う。

 



2013/11/09 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

Sleep Cycleを使って検証してみた

1日:24時間 1年:365日 80歳くらいまで生きると仮定したら、私は今22歳なので、あと60年くらい生きれる。 365日×60年=21900日 24時間×21900日=525600時間 私は、いつ...

続きを見る

大学4年 インターンに挑戦日記

社会人になったら、大学や年齢は違えど、 全員同じスタートラインに立ち、新たな一歩を踏み出すと思います。 でも、同じスタートラインでも、それまでに蓄積された経験や知識の差、 能力や個性の違い等で、スター...

続きを見る

【保存版】アフィリエイトで稼げる人の特徴まとめ

誰しもが一度は『アフィリエイトってぶっちゃけ稼げるの?』って思ったことがあると思います。この質問に対して、『ガンガン稼げる人もいるし、全く稼げない人もいる』という答えが正解です。当たり前だろってツッコ...

続きを見る

新しいことに挑戦する時は、ネガポジ作戦を有効的に使うことが大切

新しいにことに挑戦するときに不安はつきものである。ただし、必要以上に不安になり、ネガティブな思考に陥ってしまい、行動を恐れてはいけないと思う。 『ネガティブ・バイアス』それは、人はポジティブなことより...

続きを見る

なぜアフィリエイターはクラウドソーシングを活用するのか?

  ランサーズやクラウドワークスといった、クラウドソーシングのサービスが拡大するにつれて、個人がビジネスをより所有しやすくなったと思う。   1年前からランサーズを使っていて、ため...

続きを見る