tikuson

(本)『一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック』高橋フミアキ著

 

本屋で気になって『一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック』という本を購入した。

 

普段のメールでもブログでも、サイトのコンテンツにも、

 

文章を書くことは共通していて、

 

いかに魅力的な文章を書くかという点に苦労しているひとは多いと思う。

 

もちろん慣れや経験値によるところが大きいが、

 

タイトルの付け方や見出しの書き方は、

 

テクニックがあり、型を覚えることが大事なのではないかと思う。

 

WEBの世界では、いかに素晴らしい文章や斬新な切り口で文章が書かれていても、

 

読まれないと、何の意味もない。宝の持ち腐れである。

 

読まれる文章というものは、法則性があり、

 

それは、タイトルの付け方であったり、

 

文章の出だしの部分が重要な要素を占めていて、

 

そこを磨かないと読まれずに通り過ぎてしまう。

 

読める文章ではなく、読んでもらえる、相手に伝わる文章が大事で、

 

この本ではその読んでもらえるためのプロセスが丁寧に書かれている。

 

よくあるダメな例と心をつかむ書き出しのように、

 

悪い例をどうすれば良くなるか?という思考プロセスが、

 

具体的な事例とともに解説されているので、

 

非常にわかりやすく、目から鱗が飛び出る内容が満載である。

 

仕事でライティング業務に関わるひと以外でも、

 

ブログを書いているひとや、サイトを作成しているなど、

 

相手にいかに読んでもらえるか?ということに悩んでいるひとに

 

オススメの一冊である。

 

『伝え方が9割』という本も素晴らしい内容であったが、

 

『一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック』も最高の良書だった。

 

そばに置いて、タイトルの付け方や文章の書き方で悩んだときに、

 

すぐに読めるよう、書き方のバイブルとしてボロボロにするまで使おうと思う。

 



2013/11/09 |

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

【書感】スタバで読んだ5つの本

夜9時くらいから、久しぶりにスタバに本を読みに行きました。このスタバは、マイフェイバリット・スタバで、他のスタバとは一線を画しています。 なぜなら、TSUTAYAと合体していて、スタバでくつろぎながら...

続きを見る

目的を明確化しない限り続かない3つの理由

  散歩をしていて、気づいたら富士山の頂上にいたという人はいないだろう。富士山に登るという明確な目標があって、登ったときの達成感を味わいたいという目的があることで、はじめて行動にうつすことが...

続きを見る

【教訓】ウサギと亀の件

【ウサギと亀の話】 イソップ物語で、ウサギと亀が追いかけっこする話は有名だと思います。教訓として、最終的にはコツコツと努力する人が勝つということが言われていると思います。 亀が鈍足でも、地道に歩を進め...

続きを見る

TSUTABA(ツタバ)を有効的に使うこと

TSUTABA(ツタバ)を知らない人は意外にも多い。TSUTABA(ツタバ)は、TSUTAYAとスターバックスが併設されている店のことを指し、週末によく行くオススメの場所である。 TSUTABAの良い...

続きを見る

質量転化の法則

社会人になって、そろそろ2年が経つ。振り返ると、1年目はがむしゃらに働き、朝から終電まで働く日が続いた気がする。 非効率的な作業もたくさんあったし、今考えると、『なんでそんなに時間がかかっていたのか?...

続きを見る