tikuson

【動画】本田圭佑ミランでスーパープレイ

本田圭佑選手がミランへ入団会見で、堂々と英語でしゃべっていて感動した。
通訳を使わずに、自分の言葉でダイレクトで表現しており、
自信満々に発言できていた点が現地でも評価が高い。

本田圭佑 ACミラン入団会見

15:13〜の『侍に会ったことはない』という切り返しはウケた。

本田圭佑選手は、ビッグマウスとしてネットで叩かることがあるが、自ら大きなことを言って責任を持たせ、自信にプレッシャーを与えるということを意図的に行っており、実際に実現させているところがすごい。

11:38でリトル本田の話がでてくるが、ACミランというビッグクラブに背番号10番で入団する本田圭佑選手は、子供のころからセリアAで10番をつけて活躍する夢を描いていた。

本田圭佑 小学校卒業文書

本田圭介卒業文章

大きな目標を設定すること、諦めずに着実に目標に向かって突き進むことの大切さを改めて実感した。

本田圭佑のデビュー戦は、サッスオーロ×ACミラン戦。後半20分から途中出場し、ACミランでのデビューを飾った。

本田圭佑ミランデビュー戦

チームメンバーとのパスまわしやキープ力、
ミドルシュートなど良い場面をみせたが、デビュー戦は黒星となった。
しかし、今後のさらなる活躍を期待できる内容だったと思う。

一つずつ階段を上れば、いずれ到達できることを証明した本田。
低迷するミランに新しい風を吹き込む存在として、
さらなる活躍を期待したい。

2014/01/13 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

倍返しからのしっぺ返し?半沢直樹の出向理由と最終回視聴率がヤバい件

日曜日の夜は『半沢直樹』がデフォルトになってきた今日このごろ、遂に最終回が放送されました。最終回放送の1時間前に先週放送された前話をみて、おさらいをするという入念な準備のもと「さぁ、こい!」と構えてい...

続きを見る

【第1回目】iPhoneアプリ開発の道のり

        普段、iPhoneアプリを使っていて、「自分でもアプリを作って、アップルストアに公開したい!」と思い立ち、先日、MacBook Airを購入して...

続きを見る

スーパーサイヤ人理論

■もしもドラゴンボールの孫悟空がビジネスマンだったら・・・■ もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら・・・ みたいだけど、孫悟空がビジネスマンだったら、きっと活躍している...

続きを見る

【本】マイクロソフトでは出会えなかった天職 〜僕はこうして社会起業家になった〜

たまたまブックオフで見つけて、Amazonのレビュー評価が非常に高かったので読んでみましたが、鳥肌が立つくらい感動した一冊でしたので紹介します。 著者のジョン・ウッドはマイクロソフトに勤務していたが、...

続きを見る

本格的にブログを運営したい人はWordPressがオススメ!

AmebaブログからWordPressへ移行して3ヶ月程経ちましたが結論、もっと早くからWordPressでブログを作れば良かったと思いました。 AmebaブログやFC2ブログのように会社が運営するサ...

続きを見る