tikuson

ふるさとチョイスでふるさと納税をしよう!

ふるさと納税のことはテレビなどでなんとなくは知っていたのですが、制度を調べてまでするのが様子がわからずおっくうでした。実際に始めたのは去年からです。

まずインターネットで検索してふるさとチョイスのHPを見つけ、ざっと読んでみると思ったよりも面倒ではないかもと感じました。そして何より、HPがしっかりしていて、画像で紹介されている商品がどれも魅力的!

どうせ払わなければならない税金なのだから、それでこれだけの立派なお礼の品をいただけるのならやってみる価値はある、とりあえず一度やってみようとの判断でした。

普段は目にしないような豪華で新鮮そうな食材がかなりアップされているので迷いましたが、牛肉、魚介類、果物から1品ずつもらえるようにという指針を決め、いただきたいお礼の品ベースでニーズにあったものから寄付する地域を選びました。

お礼の品を目当てに寄付するのは邪道という思いもありましたが、各地域が地元の魅力をお礼の品に反映させているのだから、各地域の魅力アップに貢献していると考えました。

結局、牛肉は宮崎県へ10000円、カニは以前に住んでいたこともある石川県へ10000円、そして普段は目にしないけど以前にいただいて食べておいしかった日向夏は宮崎県日南市へ5000円ということになりました。

届いたのはもうずいぶん経ってからのことでしたが、まずカニが到着!カニも複数の自治体がアップされていましたが、予算内のもので、質が高くても1匹だけでは寂しいだろうと思い、そこそこの質かもしれないけど、2匹もらえるところを選んだので、家族3人で満足できる分量でおいしくいただきました。

その次に届いたのは、牛肉。こちらも我が家はよく食べる家なので、質よりも同じ10000円の寄付でもらえる中でも牛肉の量がそこそこあるところと思い、選びました。きれいな赤身がずら~っと並んでいて、焼肉をしましたが、柔らかくてジューシーでおいしく、大満足。

そして、もともと注文時からお届けはそのシーズンが来てからということを了承して頼んだ日向夏は忘れた頃に届きました。こちらも思っていたよりも個数も多く思う存分味わえ、想像以上においしいと喜んでくれていて、注文してよかったなあと思いました。

勇気を出してチャレンジしてみたふるさと納税でしたが、してみた結果の感想は、「これならもっと早くから調べてしておいたらよかった!絶対来年もする!」です。

もし始めるのを迷っているなら、一度試してみたらどうかと思います。私は自分でやってみてとってもよかったので、両親にも勧めました。

2016/09/11 | ブログ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*

関連記事

オススメ記事

Facebookはオワコン化するのか?Facebook疲れを加速させる3大正直しんどい

朝起きたら、まずはFacebookチェック。電車の中でもFacebookチェック。昼休みもFacebookチェック。夜寝る前にもFacebookチェック。1日何回Facebookを確認すれば気が済むの...

続きを見る

【本】マイクロソフトでは出会えなかった天職 〜僕はこうして社会起業家になった〜

たまたまブックオフで見つけて、Amazonのレビュー評価が非常に高かったので読んでみましたが、鳥肌が立つくらい感動した一冊でしたので紹介します。 著者のジョン・ウッドはマイクロソフトに勤務していたが、...

続きを見る

クラウドソーシングの台頭〜ITスキルの向上と可視化が必要不可欠〜

クラウドソーシングという言葉を聞いたことがありますか? クラウドソーシング(crowdsourcing)とは、群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、不特定多数の一般の人...

続きを見る

スラムダンク勝利学

夜中にスタバに行って、本をたくさん読むことが最近の趣味です♪ 私の行くスタバは、ツタヤと合体しているので、コーヒーを飲みながら 好きな本を選んで、読めるという最高の環境が整っています! 横浜みなとみら...

続きを見る

Gunosy(グノシー)は自分好みの情報を収集できる最高のツール

突然ですが、Gunosy(グノシー)を知っているでしょうか?Gunosyは自分の興味にあったニュースや記事を配信してくれるパーソナルマガジンのことです。 TwitterやFacebookのアカウントで...

続きを見る